Globiance - 取引と支払いソリューション

Globianceのビジョンは、専門家および個人のお客様に金融サービスを提供することです。Globianceプラットフォームは、暗号および法定通貨の交換と取引、支払いソリューション、および世界規模の送金をカバーしています。 目標は、サービスを非常にシンプルで魅力的なものにして、顧客がプラットフォームにお金を置いて日常に使用できるようにすることです。 Globianceは、キャッシュバック、リベート、およびディスカウントを通じて投資家およびトレーダーに報酬を与えるためのプラットフォームを提供したいと考えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBEX
開始日時
2019-02-18
終了日時
2019-03-31
最高目標
14,250,000 EUR
初回価格
0.0338 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Globiance?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GBEXは、Globianceプラットフォーム全体で次のような料金を支払うために使用できます。

  • 仮想/法定通貨交換手数料
  • 振込み手数料 *上場手数料
  • 証拠金取引手数料
  • コネクテッドマーチャントへの支払い
  • 証券取引手数料

チーム すべてを見る

Oliver La Rosa
Oliver La Rosa
CEO
Nicolas Brzustowski
Nicolas Brzustowski
Chief Marketing Officer
Vamshi Sarakonda
Vamshi Sarakonda
Business Intelligence
Sascha La Rosa
Sascha La Rosa
Chief Information Officer
Alexander Pfau
Alexander Pfau
Chief Technology Officer
Irina Mudreac
Irina Mudreac
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )