Globiance - 取引と支払いソリューション

Globianceのビジョンは、専門家および個人のお客様に金融サービスを提供することです。Globianceプラットフォームは、暗号および法定通貨の交換と取引、支払いソリューション、および世界規模の送金をカバーしています。 目標は、サービスを非常にシンプルで魅力的なものにして、顧客がプラットフォームにお金を置いて日常に使用できるようにすることです。 Globianceは、キャッシュバック、リベート、およびディスカウントを通じて投資家およびトレーダーに報酬を与えるためのプラットフォームを提供したいと考えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBEX
開始日時
2019-02-18
終了日時
2019-03-31
最高目標
14,250,000 EUR
初回価格
0.0338 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Globiance?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GBEXは、Globianceプラットフォーム全体で次のような料金を支払うために使用できます。

  • 仮想/法定通貨交換手数料
  • 振込み手数料 *上場手数料
  • 証拠金取引手数料
  • コネクテッドマーチャントへの支払い
  • 証券取引手数料

チーム すべてを見る

Oliver La Rosa
Oliver La Rosa
CEO
Nicolas Brzustowski
Nicolas Brzustowski
Chief Marketing Officer
Vamshi Sarakonda
Vamshi Sarakonda
Business Intelligence
Sascha La Rosa
Sascha La Rosa
Chief Information Officer
Alexander Pfau
Alexander Pfau
Chief Technology Officer
Irina Mudreac
Irina Mudreac
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー