Crypto Cashback Rebate - 仮想通貨は報われる

キャシュバック、リベート、ディスカウントを通じて投資家やトレーダーに報酬を与えるプラットフォームを提供します。 多くのブロックチェーンの新興企業とは異なり、私たちはすでにビジョンとロードマップを超えて確立したビジネスを持っています。当社のソリューションは、より高いボリュームと高い流動性で市場をより有効にします。 CryptoCashbackRebate.comの完全なソリューションは、すべての投資家が仮想通貨市場への投資から最大限の利益を受ける大きなチャンスです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCR
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-06-18
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
250,000,000 USD
初回価格
1 CCR = 0.00167 ETH
公式サイトへ Owner of Crypto Cashback Rebate?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BTH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Mar 18 - Apr 03 - 15%
  • Apr 04 - Apr 18 - 10%
  • Apr 19 - May 18 - 5%

概要

当社は、キャッシュバック、リベート、ディスカウントを通じて投資家やトレーダーに報酬を与える共通のプラットフォームを提供します。投資家を支援する適切な方法は、すべての報酬プログラムをプラットフォームに統合し、どれだけの金額をどこで貯めることができるかを示すことです。投資家のためにこの資金を節約すれば、貯蓄した資金を再投資して、実際の仮想通貨市場をより効果的かつ揮発性にすることができます。

CryptoCashbackRebateのしくみ

誰かが私たちを通して取引所で口座を開けると、取引所は、彼らに顧客を紹介するための報酬として、手数料利益の一部を支払う。同様に、誰かが私たちを通してICOに投資するとき、ICO会社は私達に紹介ボーナスを支払う。

その後、当社は売上の大半を顧客(トレーダー/投資家)と共有し、顧客が行った取引/購入ごとに現金リベートを支払う。

残りの収益は、CryptoCashbackRebateのクラウドセールに参加した者を含め、CCRトークン所有者に比例して分配されます。

巨大な可能性

仮想通貨は世界中の資産のデジタル取引と価値に革命をもたらしました。 仮想通貨の時価総額は現在約4,500億ドルです。この市場は、今後数年間で数兆ドルの成長が見込まれています。

世界のキャッシュバック業界は約840億ドルに成長し、成長が見込まれています。

チーム

Vladimir Kapal
Vladimir Kapal
CEO & Founder
Susanta Saren
Susanta Saren
Co-Founder, Chief Technology Officer
Eva Muchyová
Eva Muchyová
Cost Accountant Manager
Sukanta Baskey
Sukanta Baskey
Accounts Manager

人気ICO記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の