GLOBEX SCI - ブロックチェーンで学術論文や出版物のデータアレイを保存し、利用可能にするエコシステム

Globex Sciのアイデアは、学術雑誌、公開データ、実験データ、臨床データ、およびブロックチェーンに掲載されたテスト結果とともに、大量のデータを格納および使用するためのエコシステムを構築することです。 深層学習と人工知能アルゴリズムを使用して、特定の薬物に対する個々の患者の反応などの結果を正確に予測し、それによって有効性を高め、副作用を最小限に抑えるよう努めています。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
GSI
開始日時
2018-03-17
終了日時
2018-04-17
調達金額
570.037244 ETH
最低目標
3,000 ETH
最高目標
60,000 ETH
初回価格
1 ETH = 650 GSI
トークン供給数
32,000,000
公式サイトへ Owner of GLOBEX SCI?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界中の科学者間での作品やその他の科学的情報の交換を最適化します。 このような医療知識とプラットフォームの特徴の共生だけが、世界の科学を科学的な進歩に導くでしょう。 私たちの目標は、世界中の科学者と研究者を結集し、相互の助けと教育を促進することです。

  • 印刷された手書きの情報源からの広範な医療知識のオープンアクセス

  • 著者はすべての権利を保持した出版物のためのお金を稼ぐ

  • ユーラシア、北米、アフリカ、南米、オーストラリアの顕著なターゲットオーディエンス

  • 将来の相互啓発プロジェクト:医学、ブロックチェーン、そして大きなデータ

  • プロジェクトチームには医学、ブロックチェーン開発者、トップマネージャーの学者が含まれている

  • 科学的発展の将来の動向を予測する

チーム

Shamil Mugattarov
Shamil Mugattarov
CEO
Nikolay Barlev
Nikolay Barlev
Chief Scientist
Artur Teregulov
Artur Teregulov
CTO
Ilia Vinnikov
Ilia Vinnikov
Developer
Alexandr Lytysov
Alexandr Lytysov
Developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常