GLOBEX SCI - ブロックチェーンで学術論文や出版物のデータアレイを保存し、利用可能にするエコシステム

Globex Sciのアイデアは、学術雑誌、公開データ、実験データ、臨床データ、およびブロックチェーンに掲載されたテスト結果とともに、大量のデータを格納および使用するためのエコシステムを構築することです。 深層学習と人工知能アルゴリズムを使用して、特定の薬物に対する個々の患者の反応などの結果を正確に予測し、それによって有効性を高め、副作用を最小限に抑えるよう努めています。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
GSI
開始日時
2018-03-17
終了日時
2018-04-17
調達金額
570.021496 ETH
最低目標
3,000 ETH
最高目標
60,000 ETH
初回価格
1 ETH = 650 GSI
トークン供給数
32,000,000
公式サイトへ Owner of GLOBEX SCI?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界中の科学者間での作品やその他の科学的情報の交換を最適化します。 このような医療知識とプラットフォームの特徴の共生だけが、世界の科学を科学的な進歩に導くでしょう。 私たちの目標は、世界中の科学者と研究者を結集し、相互の助けと教育を促進することです。

  • 印刷された手書きの情報源からの広範な医療知識のオープンアクセス

  • 著者はすべての権利を保持した出版物のためのお金を稼ぐ

  • ユーラシア、北米、アフリカ、南米、オーストラリアの顕著なターゲットオーディエンス

  • 将来の相互啓発プロジェクト:医学、ブロックチェーン、そして大きなデータ

  • プロジェクトチームには医学、ブロックチェーン開発者、トップマネージャーの学者が含まれている

  • 科学的発展の将来の動向を予測する

チーム

Shamil Mugattarov
Shamil Mugattarov
CEO
Nikolay Barlev
Nikolay Barlev
Chief Scientist
Artur Teregulov
Artur Teregulov
CTO
Ilia Vinnikov
Ilia Vinnikov
Developer
Alexandr Lytysov
Alexandr Lytysov
Developer

人気STO/ICO記事

  • コイン相場、プレミアム会員のメリットは?ポートフォリオ会員、トレード会員

    コイン相場のプレミアム会員は以下のがございます。・ポートフォリオ会員 ・トレード会員 通常連携可能なポートフォリオがに連携できます。 チャットでコイン相場で表示されているチャート画面やデバイスに保存されている画像がシェアできるようになります。 ウォッチリストの下部に表示されている広告、ポップアップ広告、ニュース画面の広告が表示されなくなります。※プッシュ広告の場合は【アカウント】→【⚙設定】→【通知設定】→【お得情報OFF】にしていただく必要があります。 様々な条件を達成するとハッジが獲得できるようになります。トレード会員の場合はポートフォリオ会員のメリットに加えて、
  • 24歳の韓国人、仮想通貨アビトラージを狙って日本に89億円を違法搬出か

    24歳の韓国人男性が日本円約89億円を違法的に搬出した罪で懲役1年、追徵約1億1千万円が宣告された。韓国現地メディアによると、A氏は2018年の10月から2019年の7月まで仁川国際空港で旅行費用ではない資金約89億円相当を71回にわたり、日本に違法的に搬出したという。捜査の結果、この資金は旅行費ではなく仮想通貨を買うための資金だったことが明らかになり、6日外国為替法を違反したことが分かった。また、韓国の国民銀行の副店長から「為替レート」を有利にするためには、現金が必要だと言われ、現金120万円相当を副店長に賄賂として渡していたことも明らかになっている。韓国では外貨を海外に搬出するには、外国為
  • GMOグループのフリーランス専用のファクタリングサービス:FREENANCE

    法人向けのファクタリングサービスをしました。今回ご紹介するのは、GMOペパボ(東証二部)が運営するファクタリングサービス・です。ペポバと言えば、Campfireの家入一真さんが立ち上げた会社として有名ですね。格安サーバーのロリポの会社です。最近だと、ハンドメイドフリマのminneやデザインをアップロードするだけでグッズが作れるsuzuriなんかも運営しています。そのGMOペポバが今後注力していくと明言しているのが、このです。とは、 が分かりやすい(?)説明ですが、簡単に言えば、企業に出した請求書を買い取って貰えるサービスです。実はGMOグループの中では、GMO PGが運営する「」とい