GLOBEX SCI - ブロックチェーンで学術論文や出版物のデータアレイを保存し、利用可能にするエコシステム

Globex Sciのアイデアは、学術雑誌、公開データ、実験データ、臨床データ、およびブロックチェーンに掲載されたテスト結果とともに、大量のデータを格納および使用するためのエコシステムを構築することです。 深層学習と人工知能アルゴリズムを使用して、特定の薬物に対する個々の患者の反応などの結果を正確に予測し、それによって有効性を高め、副作用を最小限に抑えるよう努めています。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
GSI
開始日時
2018-03-17
終了日時
2018-04-17
調達金額
570.00238 ETH
最低目標
3,000 ETH
最高目標
60,000 ETH
初回価格
1 ETH = 650 GSI
トークン供給数
32,000,000
公式サイトへ Owner of GLOBEX SCI?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界中の科学者間での作品やその他の科学的情報の交換を最適化します。 このような医療知識とプラットフォームの特徴の共生だけが、世界の科学を科学的な進歩に導くでしょう。 私たちの目標は、世界中の科学者と研究者を結集し、相互の助けと教育を促進することです。

  • 印刷された手書きの情報源からの広範な医療知識のオープンアクセス

  • 著者はすべての権利を保持した出版物のためのお金を稼ぐ

  • ユーラシア、北米、アフリカ、南米、オーストラリアの顕著なターゲットオーディエンス

  • 将来の相互啓発プロジェクト:医学、ブロックチェーン、そして大きなデータ

  • プロジェクトチームには医学、ブロックチェーン開発者、トップマネージャーの学者が含まれている

  • 科学的発展の将来の動向を予測する

チーム

Shamil Mugattarov
Shamil Mugattarov
CEO
Nikolay Barlev
Nikolay Barlev
Chief Scientist
Artur Teregulov
Artur Teregulov
CTO
Ilia Vinnikov
Ilia Vinnikov
Developer
Alexandr Lytysov
Alexandr Lytysov
Developer

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本