GLOBEX SCI - ブロックチェーンで学術論文や出版物のデータアレイを保存し、利用可能にするエコシステム

Globex Sciのアイデアは、学術雑誌、公開データ、実験データ、臨床データ、およびブロックチェーンに掲載されたテスト結果とともに、大量のデータを格納および使用するためのエコシステムを構築することです。 深層学習と人工知能アルゴリズムを使用して、特定の薬物に対する個々の患者の反応などの結果を正確に予測し、それによって有効性を高め、副作用を最小限に抑えるよう努めています。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
GSI
開始日時
2018-03-17
終了日時
2018-04-17
調達金額
569.971728 ETH
最低目標
3,000 ETH
最高目標
60,000 ETH
初回価格
1 ETH = 650 GSI
トークン供給数
32,000,000
公式サイトへ Owner of GLOBEX SCI?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界中の科学者間での作品やその他の科学的情報の交換を最適化します。 このような医療知識とプラットフォームの特徴の共生だけが、世界の科学を科学的な進歩に導くでしょう。 私たちの目標は、世界中の科学者と研究者を結集し、相互の助けと教育を促進することです。

  • 印刷された手書きの情報源からの広範な医療知識のオープンアクセス

  • 著者はすべての権利を保持した出版物のためのお金を稼ぐ

  • ユーラシア、北米、アフリカ、南米、オーストラリアの顕著なターゲットオーディエンス

  • 将来の相互啓発プロジェクト:医学、ブロックチェーン、そして大きなデータ

  • プロジェクトチームには医学、ブロックチェーン開発者、トップマネージャーの学者が含まれている

  • 科学的発展の将来の動向を予測する

チーム

Shamil Mugattarov
Shamil Mugattarov
CEO
Nikolay Barlev
Nikolay Barlev
Chief Scientist
Artur Teregulov
Artur Teregulov
CTO
Ilia Vinnikov
Ilia Vinnikov
Developer
Alexandr Lytysov
Alexandr Lytysov
Developer

人気STO/ICO記事

  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)