Game Fanz - 世界のゲーマーのための素晴らしいプラットフォーム

Game Fanzは、ゲーマーにより多くのスリルと興奮を提供することによって、ゲーム業界の革命に参加するという目標を設定しました。 ゲームの開発がスケジュール通りを行うことを保証します。 Game FanzはGFNユーティリティトークンを発行しています。 トークンはイーサリアムブロックチェーンに基づくERC20トークンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GFN
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-03-03
最高目標
1,200 ETH
初回価格
1 GFN = 0,00000003 ETH
トークン供給数
40,000,000,000
公式サイトへ Owner of Game Fanz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Game Fanzは世界中のゲーマーが出会い、毎日同じチャンスでGFNトークンを手に入れるプラットフォームです。 今日では、ゲームは単なる趣味ではなくなりました。 代わりに、ゲームは繁栄のための方法の一部になることができます。Game Fanzは、業界を賑わせ、ゲーマーにさまざまなゲーム体験を提供する興味深いゲームプロジェクトを開発しています。Game Fanzは、ゲーマーにより多くのスリルと興奮を提供することで、ゲーム業界の革命に参加するという目標を設定しました。

Game Fanzは、チームが組織全体で作業するためのガイダンス、すなわち「世界のゲーマーのための最先端のプラットフォーム」に役立つビジョンを設定します。

ビジョンを達成するために、私たちの目的、アイデンティティ、価値観、規範、目標、そして目的を明らかにするいくつかのミッションを設定しました。 使命は次のとおりです。

1)面白くて革新的なゲームプロジェクトを提供する

2)プロジェクト価値の向上

3)プロのプラットフォームを構築する

4)長期的パートナーシップの構築

GFNトークンの機能

GFNユーティリティトークンは、指定された期間の終了時にユーザーに当社製品へのアクセスを提供します。トークンは、プロジェクト開発の最後にユーザーに追加の利点を提供します。 GFNユーティリティトークンは、主にユーザーの排他アクセスとして機能します。私たちのチームが取り組んでいる完成したゲームへの無料アクセスという点で、彼らは独占的なサービスを楽しむことができます。 GFNユーティリティトークンは、開発中のゲームを排他的な予約注文することができます。ゲームが市場にリリースされると、トークン保有者は自動的に望むようにゲームをプレイすることができます。 ゲームが市場で広く受け入れられると、トークンの価値は上がります。ゲーマーが利益を得たい場合は、トークンを売ることができます。

ただし、GFNユーティリティトークンは投資とは見なされません。 それらはユーザーにGame Fanzの意思決定プロセスを管理する権限も、会社の利益から配当をもらえる権利も与えません。代わりに、トークン保有者はプロジェクトが完了した後にGame Fanzによって開発された製品とサービスを楽しむ独占権を持っています。

GFNトークン配布

  • 寄付とゼロETHセルフドロップ(50%):4千億 GFN
  • エアドロップ(25%):2百億 GFN
  • パートナーシップ(10%):8億 GFN
  • チーム(5%):4億 GFN
  • 賞金(5%):4億 GFN
  • ラッキーゲームファンズイベント(5%):4億 GFN

ロードマップ

  • 2019年第2四半期:LUCKY GAME FANZ EVENTリリース

  • 2019年第3四半期:Game Fanzプラットフォーム開発

  • 2020年第1四半期:Game Fanzプラットフォームの公開

チーム

Hadi Wijaya
Hadi Wijaya
Chief Executive Officer / CEO
Edi Porwanto
Edi Porwanto
Chief Marketing Officer / CMO
Dony Risaldi
Dony Risaldi
Chief Technology Officer / CTO
Dias Fajar
Dias Fajar
Community Manager
Fahreza Akbar
Fahreza Akbar
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー