GameCredits - 世界中の26億人のゲーマーのための汎用通貨と仮想ウォレット

GameCreditの通貨と仮想ウォレットにより、ゲーマーや開発者は、ゲームやゲーム内のアイテムをクレジットカードよりも迅速かつ安全で個人的に売買することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GAME
トークン供給数
84,000,000
公式サイトへ Owner of GameCredits?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GameCredits(以下GAME)は世界人口の約1/3にのぼるといわれる約26億人のゲーマー達のための暗号通貨であり、仮想ウォレットである。今のゲーム市場は1000億円以上であるといわれており、GAMEはその市場規模を10兆円まで引き上げることや法定通貨に変わる暗号通貨のポジションを高めることを目的として掲げている。従来のクレジット決済などでは実現ができなかった着金スピードの向上やブロックチェーン技術の導入による取引での不正防止を実現可能にしている。

MobileGoトークンとGamecredits

2つの別々の機能を果たしますが、MobileGoトークンとGamecreditsの間の共生関係に注意することが重要です。MobileGoクラウドセールスの成功は、Gamecreditsモバイルゲームプラットフォーム用の何百万ものゲーマーの買収資金を調達することによって、Gamecreditsエコシステム、経済、および価格にプラスの影響を与えるはずです。Gamecreditsモバイルプラットフォームを使用するゲーマーが多いほど、ゲーム内のGamecreditsの購入と使用が多くなります。 これはゲームクレジットの需要を増やします。その見返りに、プラットフォームの成功は、プラットフォームのゲーミフィケーション、および分散型マーケットプレイス、分散型トーナメント、およびゲーマー対ゲーマーの試合に対する需要の増加を含むMobileGoトークンの有用性にとって大きな経済をもたらすはずです。

サービスの強み

GameCredits(GAME)は、ブロックチェーン技術を導入することにより、これまでクレジット決済では、最大60日決済に要していた時間を60時間程度にまで短縮することを可能としている。また、ブロックチェーンを利用していることで匿名性が担保されている。

ユーザーメリット

  • 手数料が安いことであり、もう一つは、あるゲームで得たクレジット(ポイント)を別のゲームで利用することが可能であるという点である。Google PlayやAppleでのゲームにおいては、30%もの手数料が取られるが、GAMEでは手数料が10%とかなり安くなっている。

  • 別ゲームあるゲームで得たクレジットが別のゲームで利用できる点も強みの一つと言える。

その他

GAMEの利用は簡単で専用のページでユーザー名とパスワードを登録することでアカウントを開設することができる。その後、クレジットカードやPaypalまたはBitcoinで専用のクレジットを購入することが可能となっている。また、ご自身のパソコンでマイニングをすることも可能である。ゲームをすることと同じくらい簡単である。

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調