Futurepia - 皆が持ち主であるSNS、我々が作るフューチャーピア

FUTUREPIAはブロックチェーンベースの分散型SNS mainnetで、SNSベースのDAppを活性化できる為にブロックチェーンのオペレーティングシステムに対応する「mainnet」と「DAppストア(DApp store)」、又DApp開発会社向けの様々なAPI(Application Programming Interface)を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PIA
初回価格
1ETH = 20,000 FPC
トークン供給数
6,660,000,000
公式サイトへ Owner of Futurepia?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨ETH, BTC
供給率30%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PoW(Proof of Work)は、民主主義という形で難問を解けたすべての参加者がブロックを生み出す、51%以上が合意に達することに同意します。しかし、この操作方法は作業時間が長く、合意に達するまでに長い時間がかかります。 PoS(Proof of Stake)は、多めのステークを持つ人がブロックを生成し、51%の人が同意し、自分の意思に従って行動する危険性があります。最近、EOSは速度と安定性の解決策として多くの注目を集めています。 EOSはDPoS(Deligated PoS)の形をしているので、合意に達する必要はなく、議決権を持つ人々の半分だけが合意に達することができます。

しかし、DPoS法は、BPを選択する投票プロセスにおけるような関連問題を引き起こす可能性があり、別の問題は、いくつかのBPが弾かれまたり、攻撃される可能性があります。

FUTUREPIAは新しいプロトコル、すなわちDDPoS(Dual DPoS)を提案しました。 DDPoSは特定のノードをBPとして選択し、投票によって、BPはEOSと同じになるように選択されます。

しかしながら、いくつかのBPが弾かれまたは攻撃されるという問題を解決するために、連続的に変化する任意のBOから抽出された情報から各BPによって生成されたブロックを検証するBO(ブロックオブザーバ)システムが導入されます。

硬貨経済が損害を受けたときに硬貨を所持している人が最大の損失を被ったので、BPは投票しました、従って硬貨を所持している人は最も信頼できるそして安定した人がBPであると仮定します。スモールコイン保有者はまた、彼らの相互投票権を併合し、彼ら自身の支持者をBPにして参加させます。

取引料金を支払うイーサリアムは、ネットワーク使用料のプリペイドネットワーク、CPU、およびストレージスペースのコストに基づくEOSとは異なり、FUTUREPIAは、メインネットワーク参加者DAppと一蓮托生コイン経済モデルを提案します。

FUTUREPIAでは、メインネットワークの所有者はユーザーなので、ユーザーは料金を支払う必要はありません。 DAppは、サービスの開始時に多額のお金を払う必要はありません。DAppがシステムによって生成される財布の数を維持するために必要な最小コストを支払うだけです。 DAppの支払いは最小限で、FUTUREPIAの保有者とエコシステム保持財団は良いDAppに投資します。この投資はまた、内部取引所の上場を促進し、FPCとDAppの通貨をリアルタイムで取引することを可能にします。 DAppは資金調達を容易にし、DApp投資家は流動性を保証する可能性が高くなります。

メインネットワークを維持するためにシステムを運用しているBPにとっては、新しいコインを発行することは支払いや純粋な金銭的補償のためではなく、FUTUREPIAメインネットワークに参加したい彼らにとって優先投資条件を与えます。BP、BO、保有者の投資決定だけではなく、内部の為替相場を通じて価値を特定および計算し、DApp投資家が損失を被るのを防ぐことができます。

前述のように、FUTUREPIAエコシステムはDAppの選択に基づいて選択されたシステムです。

チーム すべてを見る

Dongin Chang
Dongin Chang
Advisor
Pungyeon Cho
Pungyeon Cho
Advisor
Dongyun Shin
Dongyun Shin
Advisor
Changju Im
Changju Im
Advisor
Simon Sungmin Choi
Simon Sungmin Choi
Advisor
Jungkyu Hwang
Jungkyu Hwang
Application development

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。