FlipNpik - ビジネスに特化した、初のコラボレーション型ソーシャルメディア

FlipNpikはブロックチェーン技術に基づいたエコシステムで運営する地元のビジネスのための初のコラボレーション型ソーシャルメディアとなり、創成された価値がコラボレーター全員に公平な分散型手段で配分されます。主なミッションは地元経済の向上に貢献し、地元で主体的な消費を促進することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNP
開始日時
2018-07-01
終了日時
2018-10-31
最高目標
100,000 ETH
初回価格
1 ETH = 3,500 FNP
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of FlipNpik?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, DASH, DOGE
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • up to 1 months - Between 15% and 25%
  • up to 2 months - From 25% to 35%
  • up to 3 months - From 35% to 50%

概要

FlipNpikプラットフォーム

FlipNpikプラットフォームは、コミュニティーの参加で作られるビジネスの可視性を向上します。参加型モデルにより、ユーザー・コラボレーターは、アクションに対して見返りまたは報奨を得る機会が得られます。

価値の創造

ユーザー・コラボレーターはビジネスの可視性を様々なアクションを通して強化し、新しいビジネスをアプリに追加し、またはアンバサダーパートナーとなって強化することで価値の創造に貢献します。

FlipNpikトークンとFlip Social

FlipNpik (FNP) はユーティリティートークンで、ステラープラットフォーム上で配布、特定されます。Flip Socialはプラットフォームのユーザーを刺激し、保持することに特化した報奨システムです。

価値の共有

ユーザー・コラボレーターはその肯定的なアクションの見返りとしてFlip Socialを受け取り、これはインスタント販売促進に使う、製品を発見し、入手するために、または単にプラットフォーム上のゲームの利用に使えます。

アンバサダーパートナーは、そのビジネスのエコシステム内での可視性向上に活発に貢献すると、そのビジネスから報酬を受け取ります。

チーム すべてを見る

Henri Harland
Henri Harland
CEO
Richard Marganne
Richard Marganne
President
Serge Helou
Serge Helou
CTO (Technology & Innovation)
Jessica Nguyen-Hoang
Jessica Nguyen-Hoang
Director business development
Sébastien Fabbi
Sébastien Fabbi
CMO
Mélissa Marganne
Mélissa Marganne
Business operations manager

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常