FanChain - スポーツトークン

独自のトークン(「FanChainトークン」)を使用して断片化された現状をつなぐ、分散型グローバルスポーツ・エコシステム(「FanChain」)の新しいフレームワークを構築します。 私たちの主な目的は、ファン、アスリート、チーム、リーグ、メディアエンティティの利益を一致させることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
FCC
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of FanChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

独自のトークン(「FanChainトークン」)を使用して断片化された現状をつなぐ、分散型グローバルスポーツ・エコシステム(「FanChain」)の新しいフレームワークを構築します。 私たちの主な目的は、ファン、アスリート、チーム、リーグ、メディアエンティティの利益を一致させることです。

FanChainトークンは、チームのロイヤリティとアフィニティを個々のトークンに埋め込むことができ、DAppで動く「ミント」システムを介して複数のプラットフォーム間で生産して送信することができる、代替え可能な属性と非代用可能な特性のユニークな組み合わせを活用します。

FanChainトークンは、チームのロイヤリティとアフィニティを個々のトークンに埋め込むことができ、DAppで動く「ミント」システムを介して複数のプラットフォーム間で生産して送信することができる、代替え可能な属性と非代用可能な特性のユニークな組み合わせを活用します。 エコシステムの分散されたオープンな性質は、オンライン出版社、ファンタジープラットフォーム、ソーシャルネットワーク、スポーツチーム、リーグ、オーバートゥトップ(OTT)プラットフォーム、スタジアムに採用されることを可能にします。

FanChainは、SportsCastrがプラットフォームおよび他の関連するスポーツプラットフォームまたはファンが価値を創造する場所で使用するために開発されました。 SportsCastrのFanChainエコシステムには、ブロックチェーンを搭載したデジタル製品、ヒント、プレミアムサブスクリプション、ペイパービュー(PPV)機能、およびその技術を既存のOTTシステムに統合できるエンタープライズクラスのSDKが含まれます。

チーム すべてを見る

Kevin April
Kevin April
CEO
Peter Azuolas
Peter Azuolas
CTO
Drew Mccalla
Drew Mccalla
LEAD IOS ENGINEER
Dakota Berg
Dakota Berg
LEAD DESIGNER
Nick Schupak
Nick Schupak
VP COMMUNITY
David Stern
David Stern
NBA COMMISSIONER EMERITUS

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー