Emanate - 自治オーディオ交換プロトコル

Emanateは音楽業界をブロックチェーン時代に進化させるために設計されたオーディオ交換プロトコルを構築しており、アーティストはリアルタイムで支払いを受け取り、信頼を必要とせず世界的にコラボレーションすることができます。音楽業界にとって非常に必要とされる効率性と透明性をもたらすことができます。 Emanateは、すべての音楽業界参加者のインセンティブを調整する自治分散組織を作成する予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EMANATE
開始日時
2018-11-12
終了日時
2019-03-22
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
88,000,000
公式サイトへ Owner of Emanate?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨ETH, BTC
供給率42.3%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Emanateは音楽業界のエコシステムのプロデューサー、ディストリビューター、および影響力のある人たちがブロックチェーンベースのスマートコントラクトを介して接続できるように設計されたオーディオ交換プロトコルです。 MN8トークンは、Emanateの初期段階で販売される暗号資産です。トークンは、音楽産業の分散型未来を信じているため、Emanateエコシステムの地位を要求したい人が購入する必要があります。    インターネットが今日設計されていれば、分散型ブロックチェーンネットワークのように見えるでしょう。今日の音楽業界でも同様に、収益化の道を高度に集中化することができます。現代の21世紀の音楽技術ニーズや視聴者のニーズにも対応していません。アーティスト、リミキサー、DJ、レーベルには多くの問題があります。クリエイティブ作品の支払い遅れ、コラボレーションに関連する契約上の複雑さ、オーディオの小さなビットのライセンス供与の難しさ、現在の音楽業界の財務プロセスなどがあります。存在する遺産構造は、今日の技術的進歩と統合を妨げています。    Emanateでは、アーティスト、DJ、音楽の影響を受ける人たちが、より多くのアウトプットをお互いに、そしてファンと共有し、彼らの影響力と名声を高めながら、貢献度に比例した収入を得る方法を見つけるかもしれません。 Emanateは、リスナーやファンが新しい音楽を発見し、これまで想像もできなかった方法でアーティストにアピールし、お気に入りのアーティストの成功に直接貢献することができます。

チーム すべてを見る

Sean Gardner
Sean Gardner
Founder/CEO
James Frew
James Frew
Founder/Industry Relations Director
Trent Shaw
Trent Shaw
Founder/CFO/COO
Chi Yusuf
Chi Yusuf
Art Director
Blake Cannell
Blake Cannell
Full-Stack Developer
Thomas Olsen
Thomas Olsen
Head of Music

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: