Eleven01 - 次の10億人のユーザー向けのブロックチェーンプロトコル

パブリックワークロードとプライベートワークロードの両方に対応した、新興市場向けのスケーラブルかつ高性能なブロックチェーンプラットフォーム。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
1101
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Eleven01?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Eleven01プロトコルは、ブロックチェーン分野でインドを先導することを目的に作成されました。 すべてのセクターでコアブロックチェーンサービスの作成、公開、および拡張を可能にするプラットフォームを作成することを目的として、プロトコルを開発しました。

ミッションは、他のグローバルプロトコルと相互運用してブロックチェーンプロトコルのシンジケートを形成できるプロトコルを立ち上げることです。 立ち上げに先立ち、Eleven01はすでにSTATWIGのような企業や、インドのテランガナ州政府、CWY&ICRISATなどの政府および業界コンソーシアムと提携しています。

チーム

Ausaf S. Ahmad
Ausaf S. Ahmad
CEO
Suresh Ponnusamy
Suresh Ponnusamy
CTO
Prernaa Agarwal
Prernaa Agarwal
Product Manager
Pranav Tej
Pranav Tej
Vice President - Delivery

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価