Lition - ビジネスのブロックチェーン標準

Litionは、商用製品向けに削除可能なデータ機能を備えた、スケーラブルなパブリック/プライベートブロックチェーンだけを開発しています。 LitionのライブP2P取引のユースケースで設計され、SAPと共同開発しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LITION
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-03-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 LITION = 0.10 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of Lition?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Litionは、商用製品向けに削除可能なデータ機能を備えた、スケーラブルなパブリック/プライベートブロックチェーンだけを開発しています。この最先端のプロトコルにより、ブロックチェーンベースのアプリケーションは、現在のニッチから商用の主流へとステップアップすることができます。

ブロックチェーンの開発はSAPと共同革新されており、チーフ・イノベーション・オフィサーJürgenMüller博士はLitionのアドバイザーでもあります。 4億人以上のユーザーと10.000人以上の開発者を抱えるSAPは、分散型元帳とスマートコントラクトレイヤーを開発しており、Litionはオープンコンセンサスレイヤーを提供しています。 Litionは、ICOで発行されたトランザクションの実行、ステーキング、サイドチェーンの作成のために、Litionトークンを使用してパブリックメインネットを実行します。

Litionは、世界の最初のP2Pエネルギー取引dAppを開始したため、ビジネス用のブロックチェーンインフラストラクチャを設計する立場に立っています。これは、10以上の都市で実際の収入と実際の顧客を持つ大衆市場に商業的に生きています。

この既存のP2P取引dAppの次には、グリーン・エネルギー・スペースでの初期実装を含む多くのユース・ケースがあり、ファイナンス・セクター以降を混乱させる可能性があります。さらに、SAPはこのブロックチェーンを400,000以上の既存顧客ベースに簡単に実装することができ、ブロックチェーンの使用事例にすぐに対応します。したがって、ビジネスアプリケーションの標準的なメインネットであることがうまく位置づけられています。

チーム すべてを見る

Sang-Seop Lee
Sang-Seop Lee
Advisor Blockchain & Energy Use Cases
Markus Bick
Markus Bick
Advisor for Research
Eddy Travia
Eddy Travia
Advisor Digital Token Economy
Jürgen Müller
Jürgen Müller
Technology Advisor
Kelly Ford
Kelly Ford
Sales & Marketing Advisor
Stephan Vogel
Stephan Vogel
Business Development Manager

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表