eCoinomic.net - 仮想通貨資産の可能性を最大限引き出す

eCoinomicは、仮想通貨資産に基づく金融サービスプラットフォームです。貸し出し、交換、移転、財務管理の機能をユーザに提供し、オンライン決済サービスおよびシステムと統合します。

ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
CNC
開始日時
2018-04-03
終了日時
2018-08-01
調達金額
4,100,000 USD
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
106,000,000 USD
初回価格
1 CNC = 0,05 USD
トークン供給数
1,103,528,529
公式サイトへ Owner of eCoinomic.net ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Various
供給率80%
KYCKYC
参加不可地域USA, Singapore, PRC
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 25%

概要

eCoinomicは2018年に仮想通貨資産に基づく金融サービスプラットフォームを開始します。

eCoinomicは、エストニアのTallinを基盤とするフィンテックのスタートアップです。

このプロジェクトの背後にある国際チームは、16名の専門家と20名のアドバイザーから構成され、銀行部門のソフトウェア製品の開発、情報技術分野のコンサルティングと監査、統計データの収集と処理のためのデジタルサービスの作成に強い背景を持っています。

2017年末までチームは仮想通貨資産に基づいた金融サービスプラットフォームの実用プロトタイプを開発しました。

eCoinomicプラットフォームは、ユーザーに長期的に幅広いサービスを提供することを目的としていますが、プラットフォーム立ち上げの第一段階の主な焦点はセキュアなローンです。

仮想通貨資産に裏付けられた法定通貨の貸出は、仮想通貨トラヒック市場で最も一般的で理解されているサービスの1つであり、仮想通貨所有者と投資家にとってユニークな機会を提供します。

-ビジネス拡大のために金額のかかる資金を使用する。マイナーのハードウェアを更新する

-為替レートのリスクをヘッジし、市場のボラティリティに対するエクスポージャーを削減する

-仮想通貨資産の潜在的可能性を即座に利用する。

担保化された仮想通貨資産と法定通貨の両方の所有者に対する投資の透明性とセキュリティ、ならびにローン債務の履行は、eCoinomicスマートコントラクトによって実施されます。

eCoinomicチームは、プラットフォームの公式リリースを進めるために、ICOを介して必要な資金を調達する必要があります。

計画開始日は5月1日までです。ただし、2月には限定販売済みホワイトリストが開き、早期登録は行うことができます。

登録ユーザー全員と早期採用者にとってのメリットは、3月下旬に一般公開された仮想通貨資産に裏打ちされた貸出サービスを提供するAlphaバージョンをリリースします。

チーム

Aleksei Smolianov
Aleksei Smolianov
CEO/Co-Founder
Maksim Akulshin
Maksim Akulshin
Architect/Co-Founder
Vitalii Topor
Vitalii Topor
Managing Director/Co-Founder
Maria Smolianova
Maria Smolianova
Business Development Director/Co-Founder
Alpamys Tatishev
Alpamys Tatishev
Investor Relations Director
Nikita Vdovin
Nikita Vdovin
Financial Analyst

人気ICO記事

  • 【API連携】coincheck/コインチェックの取引や資産管理を効率化

    の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?coincheckが公開している公式APIを活用すれば、それは可能です。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、仮想通貨アプリのを使えば簡単にAPI連携し、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは国内最大級の取引所であるcoincheckのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。coincheckは2014年8月にサービス開始した日本の仮想通貨取引所です。投資初心者向けの使いやすいUIや取り扱い銘柄の多さが特徴で、国内ユーザー数の多い取引所でしたが、2018
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については