eCoinomic.net - 仮想通貨資産の可能性を最大限引き出す

eCoinomicは、仮想通貨資産に基づく金融サービスプラットフォームです。貸し出し、交換、移転、財務管理の機能をユーザに提供し、オンライン決済サービスおよびシステムと統合します。

STO/ICO基本情報

ステータス
失敗
トークン記号
CNC
開始日時
2018-04-03
終了日時
2018-08-01
調達金額
4,100,000 USD
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
106,000,000 USD
初回価格
1 CNC = 0,05 USD
トークン供給数
1,103,528,529
公式サイトへ Owner of eCoinomic.net ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Various
供給率80%
KYCKYC
参加不可地域USA, Singapore, PRC
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 25%

概要

eCoinomicは2018年に仮想通貨資産に基づく金融サービスプラットフォームを開始します。

eCoinomicは、エストニアのTallinを基盤とするフィンテックのスタートアップです。

このプロジェクトの背後にある国際チームは、16名の専門家と20名のアドバイザーから構成され、銀行部門のソフトウェア製品の開発、情報技術分野のコンサルティングと監査、統計データの収集と処理のためのデジタルサービスの作成に強い背景を持っています。

2017年末までチームは仮想通貨資産に基づいた金融サービスプラットフォームの実用プロトタイプを開発しました。

eCoinomicプラットフォームは、ユーザーに長期的に幅広いサービスを提供することを目的としていますが、プラットフォーム立ち上げの第一段階の主な焦点はセキュアなローンです。

仮想通貨資産に裏付けられた法定通貨の貸出は、仮想通貨トラヒック市場で最も一般的で理解されているサービスの1つであり、仮想通貨所有者と投資家にとってユニークな機会を提供します。

-ビジネス拡大のために金額のかかる資金を使用する。マイナーのハードウェアを更新する

-為替レートのリスクをヘッジし、市場のボラティリティに対するエクスポージャーを削減する

-仮想通貨資産の潜在的可能性を即座に利用する。

担保化された仮想通貨資産と法定通貨の両方の所有者に対する投資の透明性とセキュリティ、ならびにローン債務の履行は、eCoinomicスマートコントラクトによって実施されます。

eCoinomicチームは、プラットフォームの公式リリースを進めるために、ICOを介して必要な資金を調達する必要があります。

計画開始日は5月1日までです。ただし、2月には限定販売済みホワイトリストが開き、早期登録は行うことができます。

登録ユーザー全員と早期採用者にとってのメリットは、3月下旬に一般公開された仮想通貨資産に裏打ちされた貸出サービスを提供するAlphaバージョンをリリースします。

チーム

Aleksei Smolianov
Aleksei Smolianov
CEO/Co-Founder
Maksim Akulshin
Maksim Akulshin
Architect/Co-Founder
Vitalii Topor
Vitalii Topor
Managing Director/Co-Founder
Maria Smolianova
Maria Smolianova
Business Development Director/Co-Founder
Alpamys Tatishev
Alpamys Tatishev
Investor Relations Director
Nikita Vdovin
Nikita Vdovin
Financial Analyst

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表