dock.io - 分散型プロフェッショナルデータ交換

dock.ioは、分散型データ交換プロトコルであり、プライバシーとセキュリティを備えたWeb上で人々と彼らのプロファイル、評判、経験と接続することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DOCK
開始日時
2018-02-21
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of dock.io?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 40%

概要

データは世界で最も価値のあるリソースです

ユーザーデータは、すべての消費者向アプリのコア値です。集中化されたプラットフォームは、自社のアジェンダのためにデータを採掘し、製品化し、いくつかの企業の管理下に置いています。 dock.ioでは、この価値がユーザーとアプリの間で共有され、より結びつきのある分散型インターネットを作り出すと考えています。

閉じたネットワークの結果

人のプロフィールと情報は、閉じたネットワークと集中ソースである何百ものアプリに溢れています。これらのアプリは意志でデータを管理し、ユーザーや他の企業は限られた機会を与えられます。

ユーザーには機会が限られている

矛盾した情報

ほとんどの人は数十のプロフィールをオンラインで持っていますが、その多くは何年も更新されておらず、結果としてウェブ上に一貫性のない情報が浮かんでいます。

価値と機会の喪失

経験、評判およびレビューの形で価値を移転できないことは、機会を失うことを意味します。

コントロールなし

アプリはプラットフォーム内のユーザー情報を所有し、制御します。彼らは常に同意のもとでルールを変更し、ユーザーの知識なしにパートナーシップを通じてユーザーデータを共有します。ユーザーは、集中管理されたアプリケーションがデータをどのように扱うかをほとんどまたは全く制御できません。

企業は革新から渋滞している

コールドスタートの課題

このスペースに製品を組み込むことは、「コールドスタート」要因のために非常に困難です。すべてのプラットフォームは同じデータに依存しており、独自のソースをゼロから構築する必要があります。

集中化されたプラットフォームはルールを指示します

プラットフォームは、保存している情報を完全に制御することができ、サードパーティのアプリケーションがアクセスするのがますます困難になっています。

チーム すべてを見る

Nick Macario
Nick Macario
Co-Founder & CEO dock.io, Remote.com
Elina Cadouri
Elina Cadouri
Co-Founder & COO dock.io, Remote.com
Stenli Duka
Stenli Duka
CTO
Evgeniy Zabolotniy
Evgeniy Zabolotniy
Lead Blockchain Engineer
Todd Scheuring
Todd Scheuring
Head of Design
Jeffry Harrison
Jeffry Harrison
Director of Partnerships

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[