dock.io - 分散型プロフェッショナルデータ交換

dock.ioは、分散型データ交換プロトコルであり、プライバシーとセキュリティを備えたWeb上で人々と彼らのプロファイル、評判、経験と接続することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DOCK
開始日時
2018-02-21
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of dock.io?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 40%

概要

データは世界で最も価値のあるリソースです

ユーザーデータは、すべての消費者向アプリのコア値です。集中化されたプラットフォームは、自社のアジェンダのためにデータを採掘し、製品化し、いくつかの企業の管理下に置いています。 dock.ioでは、この価値がユーザーとアプリの間で共有され、より結びつきのある分散型インターネットを作り出すと考えています。

閉じたネットワークの結果

人のプロフィールと情報は、閉じたネットワークと集中ソースである何百ものアプリに溢れています。これらのアプリは意志でデータを管理し、ユーザーや他の企業は限られた機会を与えられます。

ユーザーには機会が限られている

矛盾した情報

ほとんどの人は数十のプロフィールをオンラインで持っていますが、その多くは何年も更新されておらず、結果としてウェブ上に一貫性のない情報が浮かんでいます。

価値と機会の喪失

経験、評判およびレビューの形で価値を移転できないことは、機会を失うことを意味します。

コントロールなし

アプリはプラットフォーム内のユーザー情報を所有し、制御します。彼らは常に同意のもとでルールを変更し、ユーザーの知識なしにパートナーシップを通じてユーザーデータを共有します。ユーザーは、集中管理されたアプリケーションがデータをどのように扱うかをほとんどまたは全く制御できません。

企業は革新から渋滞している

コールドスタートの課題

このスペースに製品を組み込むことは、「コールドスタート」要因のために非常に困難です。すべてのプラットフォームは同じデータに依存しており、独自のソースをゼロから構築する必要があります。

集中化されたプラットフォームはルールを指示します

プラットフォームは、保存している情報を完全に制御することができ、サードパーティのアプリケーションがアクセスするのがますます困難になっています。

チーム すべてを見る

Nick Macario
Nick Macario
Co-Founder & CEO dock.io, Remote.com
Elina Cadouri
Elina Cadouri
Co-Founder & COO dock.io, Remote.com
Stenli Duka
Stenli Duka
CTO
Evgeniy Zabolotniy
Evgeniy Zabolotniy
Lead Blockchain Engineer
Todd Scheuring
Todd Scheuring
Head of Design
Jeffry Harrison
Jeffry Harrison
Director of Partnerships

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗