DICEGAME - オープンな対面型iGamingプラットフォーム

DICEGAMEは、デポジットと引き出しの制限なしに、透明で検証可能なメカニックを持つ公正なP2Pゲームをホスティングするための分散プラットフォームです。 このプラットフォームは、低い手数料と高いトランザクション速度を可能にするグラフェン技術に基づいています。世界中のユーザーとのリアルタイムのやりとりによって公正なゲーム環境を保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Dice
開始日時
2018-05-07
終了日時
2018-07-06
最低目標
2,100,000 USD
最高目標
10,500,000 USD
初回価格
1 Dice = 0.05 USD
トークン供給数
147,000,000
公式サイトへ Owner of DICEGAME?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Grapheneブロックチェーンに基づくスマートコントラクトの使用による分散プラットフォームDICEGAMEの使用は、透明なiGaming業界での公正なプレーを実現します。特徴は次のとおりです。

高いトランザクション速度

Grapheneは、並列化とスケーラビリティのために1秒あたり10,000〜100,000件のトランザクションを実行できます。

勝利確率を上げるために特別なスキルはいりません

プラットフォームは、同じチャンスの未熟なゲームをサポートします。サイコロを振るだけで、ブロックチェインはすべての計算と見積もりを処理します。

ボーナストーナメント

ボーナストーナメントは定期的に開催され、VIP投資家は無期限にアクセスすることができます。回収された手数料の50%は自動的にBT賞金に渡されます。

セキュリティレベルが高い

すべてをブロックチェーンに格納します。したがって、すべてのデータは安全かつ不変に保たれます。

P2Pネットワークにおける対面ゲーム

あなたと相手だけがいます。第三者はない、「銀行」も「カジノ」も関与していません。プラットフォームは不正行為に全く関心がありません。両方の選手が勝つ機会は同じです。

利用者の処理による入出金

我々は、預金および引き出しに制限を課すものではない。誰でも自由に資源をコントロールできるはずです。

望む仮想通貨でも遊ぶ

ExeptDiceトークン、BTC、ETH、LTCなどで遊ぶ。

乱数発生器にさよなら

プレイヤーのダイスに影響を与える集中ノードはありません。結果は、スマートコントラクトと両方の参加者からのデータによってのみ決定されます。

透明性

プラットフォームによって使用されるゲームの仕組みやアルゴリズムのすべての側面は、オープンで分散化されています。

チーム すべてを見る

Vadim Shlapokov
Vadim Shlapokov
СЕО
Yahor Punko
Yahor Punko
CMO
Vasily Rusakovich
Vasily Rusakovich
CTO
Vitaly Panasik
Vitaly Panasik
Design Officer
Kate Baeva
Kate Baeva
PR Officer
Pavel Savitski
Pavel Savitski
Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )