U Run It - ギャンブル産業の新時代

U Run Itはコミュニティによって100%管理されている唯一のギャンブルプラットフォームです。 プレーヤーはハウスをコントロールし、すべてのゲームをホストし、ほとんどの利益を受けます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
URUN
開始日時
2018-05-15
終了日時
2018-10-15
最低目標
4,000,000 URUN
最高目標
60,000,000 URUN
初回価格
1 URUN = 0.00125 ETH
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of U Run It?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, XRP, DASH, USD, STX, ZCL
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • June 15th - June 30th - 30%
  • July 1st - July 31st - 20%
  • August 1st - August 15th - 15%
  • September 1st - September 15th - 10%
  • September 16th - September 30th - 7.5%
  • October 1st - October 15th - 5%

概要

プレイヤーはすべてをコントロールする

カジノのすべてのゲーム、カードテーブル、ポーカールーム、トーナメント、スロットマシン、宝くじなどはプレーヤー自身によって制御されます。各ゲームは特定のプレーヤーによってホストされます。

ゲームリース

このプレーヤーは彼がホストしているゲームまたはトーナメントのパラメータを決定し、当面はゲームの所有者になります。たとえば、各ゲームは名目上の料金でプレーヤーの1人にリースされます。

毎日抽選

各ユーザーにゲームの所有者になる機会を与える最も簡単な方法は、ロットの抽選です。抽選は自動的に行います。勝者はURUNトークンで少額の料金を支払って、ゲームの所有権を確認する必要があります。

監視とモデレーション

リース期間中、ゲームの所有者は何が起こっているかを監視するだけでなく、司会者の基本的な責任も果たします。

利益

この期間の終わりに、ゲームの所有者は、リース期間中に生成された利益の大部分を受け取ります。

プレーヤーのランク

ユーザーが頻繁にプレイすれば、ベットが大きければ、彼のランクは高くなります。また、プレイヤーのランクが高いほど、ゲームのオーナーになる機会が増えます。

チーム すべてを見る

Roman Grushkovsky
Roman Grushkovsky
Co-founder, CEO
Max Vaschuk
Max Vaschuk
Co-founder, CMO
Leonid Rubin
Leonid Rubin
Co-founder, COO
Lyudmila  Vasilyeva
Lyudmila Vasilyeva
Lead Mathematician
Maria  Sokolovskaya
Maria Sokolovskaya
Copywriter
Liudmila  Ivashchenko
Liudmila Ivashchenko
Photo and Video Producer

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、