CurveBlockは、ブロックチェーンテクノロジを使用して、利益の一部と引き換えに不動産開発プロジェクトに投資できるようにするプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CBUK
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-09-30
最低目標
5,000,000 GBP
最高目標
50,000,000 GBP
初回価格
0.2578 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of CurveBlock?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStratis
タイプStratis
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    CurveBlockは、Prove Of Stake(POS)スマートウォレットによって完成したすべてのプロジェクトからトークンホルダーにCurveBlock取引所を介して直接の無限の配当および慈善投票権を支払うプラットフォームを提供することによって、不動産開発エコシステムの解放に向けた先駆的なプロジェクトとして登場します。 エコシステムは、ネイティブトークンと2次配当トークンの間にシームレスな切り替えように設計されています。プロジェクトが完了して流動的になると、配当支払いはさまざまなブロックの高さで書き込まれます。

    チーム すべてを見る

    Sanem Avcil
    Sanem Avcil
    STO Advisor
    Simon Cocking
    Simon Cocking
    Advisor
    Savio Gomez
    Savio Gomez
    Advisor
    Gary C Woodhead
    Gary C Woodhead
    Founder45 age
    Roger Ransome
    Roger Ransome
    Co-Founder38 age
    Chris Roe
    Chris Roe
    Commercial Director57 age

    人気STO/ICO記事

    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

      近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ