blocksquare.io - 商業用不動産のプラグ&プレイプロトコル

ブロックチェーンが導入されると、物事が盛り上がり、小商業用不動産の新たな市場が浮上するようになります。Blocksquareでは、今後の世界市場を推進するためのインフラストラクチャとツールを構築し、インターネットに接続している人の商業用不動産投資の扉を開きます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BST
開始日時
2018-04-18
終了日時
2018-05-08
初回価格
1 BST = 0.50 USD
トークン供給数
10,000,000
公式サイトへ Owner of blocksquare.io?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

変化は築き上げている

不動産は常に魅力的な投資でしたが、誰もアクセスすることはできませんでした。今後の分数不動産市場は、財政参入障壁がほとんど存在しないため、変更する予定です。 REトークン化により、今日の機関投資家のみが利用可能な複数の特性および場所を多様化することが可能になります。

この新しい市場は、決して前もって想像しない、倍数で流動性を高めます。事実、不動産の非流動性割引は10〜30%と見積もられており、商業用不動産のトークン化と摩擦のない取引はこの価値を解き放ち、5兆米ドル以上の新たな市場への扉を開いています。

商業用分数不動産市場のためのドアを開ける

Blocksquareはトークン化されたCREプロパティのネットワークであり、トークン化されたプロパティと従来の土地レジストリのタイトルデータをリンクするプロトコルであるProof of Titleによってバックアップされています。 イーサリアムベースのブロックチェーン層は、通常のユーザインタラクションを可能にするプラットフォームと、トークン化された物件交換のための分散化マーケットプレイスによってサポートされます。 AmadeusまたはSabreシステムが航空会社にオンライン小売店の切符を販売するためのインフラストラクチャーを提供するのと同様に、Blocksquareは不動産トークン化と分数所有のためのインフラストラクチャー層と標準を開発しているため、小売業者はその上でサービスを開発することができます。要するに、Blocksquareはインターネット接続を持つすべての人にグローバルレベルで不動産投資の機会を提供するように設定されます。

Proof Of Titleプロトコル

イーサリアムと、ブロックチェーンテクノロジーとコード化オブジェクトの技術的合併の根底には、現実世界の資産をトークン化するというアイディアが現実のものとなっています。インターネット上での実世界価値の移転は、スマートコントラクトと呼ばれるコード化されたオブジェクトを、様々な国土レジストリの厄介な構造にしっかりとリンクさせるシステムを導入する必要性を提起します。 イーサリアムスマートコントラクトがブロックチェーンに展開されると、その内部ロジックを変更することはできません。スマートコントラクトで書かれたコードは常に存在し、後の段階では変更できないことを意味します。 Blocksquareは、土地のレジストリからプロパティ固有の情報をコピーし、それをPropTokenスマートコントラクトに含めることによって、これらの特性を利用します。土地レジストリ側では、PropTokenスマートコントラクトハッシュアドレスを含むメモがタイトルに追加されます。

チーム すべてを見る

Denis Petrovcic
Denis Petrovcic
Co-Founder & CEO
Viktor Brajak
Viktor Brajak
Co-Founder & CTO
Peter Merc
Peter Merc
Legal Counsel
Jure Pozun
Jure Pozun
Comm Strategy & Marketing Lead
Nina Tanhofer
Nina Tanhofer
PR & Communications Lead
Jure Zibelnik
Jure Zibelnik
Business Development

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins