Cryptum - すべてのトークンの無料コイン。 ゲームへの無料アクセス

Cryptum ICOは、戦略的暗号マイニングボードゲーム「Blockchain:Cryptocurrency Board Game」の最初の発表タイトルから、ハイエンドボードゲームデザイン、開発、出版スタジオに資金を提供することを目標とした多層投資プロジェクトです。我々はイーサリアムベースのトークンを使用して、無料ゲームへの所有権の証明、すべてのプロジェクトからの利益の共有、Cryptumcoinという名前の将来の暗号化通貨の初期量を提供しています。Cryptumプロジェクトは分散化に頼っていませんが(実際はまったく逆です)、イーサリアムブロックチェインを使用して所有トークンの数を確認し、ゲーム、利益(ETH)またはコインをそれぞれのアドレス、またはアドレスの所有者が提出した物理的または別のブロックチェーンのアドレス。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRTM
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-17
初回価格
0.00135 BTC
トークン供給数
149,296
公式サイトへ Owner of Cryptum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, ZEC, DASH, LTC, BCH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

coming soon

チーム すべてを見る

Nikolai Tsekov
Nikolai Tsekov
Core Project Manager
Anton Belev
Anton Belev
Core Lead Developer
Kiril Venev
Kiril Venev
Core CTO
Grigor Stoichkov
Grigor Stoichkov
Core Technical Advisor & Procurement
Tihomir Terziev
Tihomir Terziev
(Inistrad Ltd) Board Games Co-designer
Zahary Dimitrov
Zahary Dimitrov
(Contributor) Games 2D Design

人気ICO記事

  • 【API連携】coincheck/コインチェックの取引や資産管理を効率化

    の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?coincheckが公開している公式APIを活用すれば、それは可能です。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、仮想通貨アプリのを使えば簡単にAPI連携し、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは国内最大級の取引所であるcoincheckのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。coincheckは2014年8月にサービス開始した日本の仮想通貨取引所です。投資初心者向けの使いやすいUIや取り扱い銘柄の多さが特徴で、国内ユーザー数の多い取引所でしたが、2018
  • 【ポイ活の始め方】人気ポイントサイト「げん玉」の登録方法を解説!

    げん玉とは会員数440万人を誇る、老舗のポイントサイトです。げん玉を経由してネットサービスを利用すると、お得なポイントが獲得できるので、や、として今(でポイントを稼ぐ活動)が話題になっています。(最近は、高校生のお小遣い稼ぎ方法としても当たり前になっているのだとか)は元々は、が運営していたでしたが、子会社のに事業が受け継がれています。因みに、げん玉に登録するということはRWS(リアルワールドサービス)のIDを取得することになりますので、ようになります。尚、当ページはを具体的に紹介していくトリセツ的なものになりますので、げん玉の詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。▶
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買