Cryptum - すべてのトークンの無料コイン。 ゲームへの無料アクセス

Cryptum ICOは、戦略的暗号マイニングボードゲーム「Blockchain:Cryptocurrency Board Game」の最初の発表タイトルから、ハイエンドボードゲームデザイン、開発、出版スタジオに資金を提供することを目標とした多層投資プロジェクトです。我々はイーサリアムベースのトークンを使用して、無料ゲームへの所有権の証明、すべてのプロジェクトからの利益の共有、Cryptumcoinという名前の将来の暗号化通貨の初期量を提供しています。Cryptumプロジェクトは分散化に頼っていませんが(実際はまったく逆です)、イーサリアムブロックチェインを使用して所有トークンの数を確認し、ゲーム、利益(ETH)またはコインをそれぞれのアドレス、またはアドレスの所有者が提出した物理的または別のブロックチェーンのアドレス。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRTM
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-17
初回価格
0.00135 BTC
トークン供給数
149,296
公式サイトへ Owner of Cryptum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, ZEC, DASH, LTC, BCH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

coming soon

チーム すべてを見る

Nikolai Tsekov
Nikolai Tsekov
Core Project Manager
Anton Belev
Anton Belev
Core Lead Developer
Kiril Venev
Kiril Venev
Core CTO
Grigor Stoichkov
Grigor Stoichkov
Core Technical Advisor & Procurement
Tihomir Terziev
Tihomir Terziev
(Inistrad Ltd) Board Games Co-designer
Zahary Dimitrov
Zahary Dimitrov
(Contributor) Games 2D Design

人気ICO記事

  • 底打ちだろ?これ。俺はそう思うよ!

    今まで散々、下がる下がる行ってきましたがTweetでは昨日から上がる上がる言ってます。この記事を書いている最中にもまた一段階上がって6,500ドルを越えてきたようですという格言があるぐらいやから、ほんとに底を当てるのは難しいです。私も6350に下落したときに底宣言しておりました。一応、最後の下げが弱かったので半信半疑やったけど・・・。あれはいったい何だったのか?まぁまだ結論は出てないみたいだが、あれもクジラの相場を操作する手だとしたら非常にせこい・・・。実際、私のところにもかなり信頼できる方面からそんな話が入ってきておりました。まぁしかしそのおかげ?でショート1000ドル幅程度いただくこ
  • 【VIP席は完売】COINJINJAもメディアスポンサー!6月30日のイベントを要チェック

    2017年の秋頃はどこからもメディアスポンサーとして扱ってくれなかったのに最近は有難いことにイベントの運営元の方からメディアスポンサーのお話をいただくことが多くなりました。今回は6月30日に開催されるのメディアスポンサーを務めさせていただきます。 赤坂インターシティコンファレンスセンターVIP券(3万円)を購入された方はイベント後のアフターパーティーに参加できます。仮想通貨界隈の著名人と話せるかもしれませんね。日本でも支持層が多いNEOも参加します。他のスピーカーも順次追加するそうでどのプロジェクトが参加するか楽しみですね。
  • 基盤コイン?子トークン?

    アンニョンハセヨ~。はじめまして。ソウル在住のアンジェリコのミコといいます。ご縁あって、コイン神社さんでブロガーとして活動させていただくこととなりました。皆様、よろしくお願いします。私は韓国に10年ほど滞在してます。2015年に知り合いからの勧めで、仮想通貨を始めました。初めて仮想通貨で海外送金したときに、銀行送金よりも早く、手数料もかからないので、これは便利!と感激してハマりました。分散型経済圏の発展に関心があり、仮想通貨は知れば知るほど面白く、 二児のママでもあるので、子ども達の時代には、仮想通貨があたり前の世界になると信じ、 最近はインスピレーションでICOへの投資を主にしています。仮想