Cryptum - すべてのトークンの無料コイン。 ゲームへの無料アクセス

Cryptum ICOは、戦略的暗号マイニングボードゲーム「Blockchain:Cryptocurrency Board Game」の最初の発表タイトルから、ハイエンドボードゲームデザイン、開発、出版スタジオに資金を提供することを目標とした多層投資プロジェクトです。我々はイーサリアムベースのトークンを使用して、無料ゲームへの所有権の証明、すべてのプロジェクトからの利益の共有、Cryptumcoinという名前の将来の暗号化通貨の初期量を提供しています。Cryptumプロジェクトは分散化に頼っていませんが(実際はまったく逆です)、イーサリアムブロックチェインを使用して所有トークンの数を確認し、ゲーム、利益(ETH)またはコインをそれぞれのアドレス、またはアドレスの所有者が提出した物理的または別のブロックチェーンのアドレス。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRTM
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-17
初回価格
0.00135 BTC
トークン供給数
149,296
公式サイトへ Owner of Cryptum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, ZEC, DASH, LTC, BCH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

coming soon

チーム すべてを見る

Nikolai Tsekov
Nikolai Tsekov
Core Project Manager
Anton Belev
Anton Belev
Core Lead Developer
Kiril Venev
Kiril Venev
Core CTO
Grigor Stoichkov
Grigor Stoichkov
Core Technical Advisor & Procurement
Tihomir Terziev
Tihomir Terziev
(Inistrad Ltd) Board Games Co-designer
Zahary Dimitrov
Zahary Dimitrov
(Contributor) Games 2D Design

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗