Cryptum - すべてのトークンの無料コイン。 ゲームへの無料アクセス

Cryptum ICOは、戦略的暗号マイニングボードゲーム「Blockchain:Cryptocurrency Board Game」の最初の発表タイトルから、ハイエンドボードゲームデザイン、開発、出版スタジオに資金を提供することを目標とした多層投資プロジェクトです。我々はイーサリアムベースのトークンを使用して、無料ゲームへの所有権の証明、すべてのプロジェクトからの利益の共有、Cryptumcoinという名前の将来の暗号化通貨の初期量を提供しています。Cryptumプロジェクトは分散化に頼っていませんが(実際はまったく逆です)、イーサリアムブロックチェインを使用して所有トークンの数を確認し、ゲーム、利益(ETH)またはコインをそれぞれのアドレス、またはアドレスの所有者が提出した物理的または別のブロックチェーンのアドレス。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRTM
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-17
初回価格
0.00135 BTC
トークン供給数
149,296
公式サイトへ Owner of Cryptum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, ZEC, DASH, LTC, BCH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

coming soon

チーム すべてを見る

Nikolai Tsekov
Nikolai Tsekov
Core Project Manager
Anton Belev
Anton Belev
Core Lead Developer
Kiril Venev
Kiril Venev
Core CTO
Grigor Stoichkov
Grigor Stoichkov
Core Technical Advisor & Procurement
Tihomir Terziev
Tihomir Terziev
(Inistrad Ltd) Board Games Co-designer
Zahary Dimitrov
Zahary Dimitrov
(Contributor) Games 2D Design

人気ICO記事

  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん
  • コインポインウェブβ版がオープンしました!

    コイン相場ユーザーの皆様この度、コインポインのが完成いたしました!文字が小さいスマホでの操作が苦手な方々はがお勧めです。PCでもぜひお試しください。とはが運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物やホテルの予約・レンタカーなどの娯楽サービス利用をで利用するだけで、を貰うことができるです。【コインポインウェブ版は】コインポインの仕組みはアフィリエイト広告で成り立っています。アフィリエイト広告とは、簡単にいうと広告閲覧者がその広告から商品・サービスを購入すると、広告掲載したメディアに広告主である企業から広告費が支払われる仕組みです。コインポインはそれによる収益でユーザーの皆様に ビ
  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず