Crypton - フィンテック投資の新しい次元

トークン化機能を備えたプロジェクトでは、個別のICOを立ち上げることにより、追加の財務上のアクセラレーションを提供します。 Cryptonトークン所有者は、Cryptonァンドがラーンチする後続の各ICOのプールから、30%のデジタル資産(トークン)を受け取ることになります。 私たちは、私たちの強い投資とビジネス経験に基づいて興味深いプロジェクトから収益を上げることを支援します。 当社は、まだ不確実で規制されていないブロックチェーンベースのプロジェクト市場に投資家を支援したいと考えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRN
開始日時
2018-03-29
終了日時
2018-04-26
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 CRN = 1 USD
トークン供給数
50,400,000
公式サイトへ Owner of Crypton?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30%

概要

ブロックチェーンに基づくプロジェクトは投資家に多くの機会を提供しますが、ほとんどのプロジェクトが失敗し、発表された成果に到達せず、不正行為、過剰資金調達プロジェクト、透明性の欠如など多くの不完全性があります。プロジェクトに参加する投資家は保証を受けません。これらの不便さは、選ばれたプロジェクトに投資したいと考えている大勢の投資家を切り離します。Crypton VCはこれらの問題を解決し、DAOモデルの透明性、投資経験、持続可能な管理などの魅力的な利点を提供します。

専門知識

私たちは、Cryptonチームとなる財務およびIT部門の最高の専門家を迎え、すべての落とし穴を回避するのに役立ちます。

多様化

ファンドのポートフォリオの予備選定のために、Cryptonトークン所有者は別個のプロジェクトではなく、独立した投資で資金を失うリスクを最小限に抑えながら、プロジェクト間の相乗効果の高い収益性の高い且つ安定したポートフォリオに投資します。

経験

Cryptonの専門家は、ベンチャーキャピタルファンドや投資プロジェクトの管理経験があります。 15年以上にわたり、私たちはFinTech / Blockchain / MedTech / Internet / ITプロジェクトに一億五千ドル以上を投資しました。

低い参入障壁

従来なベンチャーキャピタルファンドでは、多くの状況で少なくとも10万ドルが必要です。Cryptonファンドでは、最小投資額はわずか1ドルです。

透明性とコントロール

Cryptonのポートフォリオのプロジェクトは、CRYPTONのトークンホルダーの投票に渡されます - 私たちはどのプロジェクトに投資するのかを一緒に決め、DAOモデルを使用します。

チーム すべてを見る

Andrzej Dudek
Andrzej Dudek
Advisor
Adam Major-Machnacki
Adam Major-Machnacki
Advisor
Krzysztof Drzyzga
Krzysztof Drzyzga
Member of the Board of Investors
Piotr Warsicki
Piotr Warsicki
Member of the Board of Investors
Władysław Farafonow
Władysław Farafonow
Member of the Board of Investors
Jacek Nowak
Jacek Nowak
Chief Executive Officer

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )