Geco.one - 賢い仮想通貨投資家になる方法

Geco.oneは、経験豊富なトレーダーのスキルと知識を使用して、暗号通貨市場に安全に投資することを可能にするプラットフォームです。 PAMMアカウントと呼ばれる主力サービスは、経験豊富なトレーダーにあなたのリソースを委託することまたは暗号トレーダーになるために必要なすべてのツールを提供することによってあなたが暗号通貨ペアに投資することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
GEC
開始日時
2019-09-01
終了日時
2020-03-31
初回価格
1 GEC = 0.25 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Geco.one?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD, EUR, GBP
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    当社のツールを使用して、選択した期間内の任意のトレーダーの失敗と成功の履歴、およびあなたの興味のある特定の分野を分析します。

    あなたのお金をトレーダーに渡すことを想像してみてください。そうすれば、彼が自分のためにお金を稼ぐとき、彼はあなたの利益を上げることができます - これはPAMMの特徴です。

    あなたはどんなトレーダーのアカウントを選んでも、彼に自身の資金と一緒にあなたのお金を投資する権利を与えることができます。 投資はいつでも中止できます。

    PAMMポートフォリオは、PAMMアカウントの集まりです。 多くのPAMMアカウントに資金を割り当てることで、投資家は潜在的な投資収益率とリスクのレベルおよび投資量の両方をバランスさせることによってリスクを分散させることができます。

    チーム すべてを見る

    Rafał Kołakowski
    Rafał Kołakowski
    CHAIRMAN OF THE SUPERVISORY BOARD
    Marcin Wituś
    Marcin Wituś
    CEO
    Łukasz Medrzak
    Łukasz Medrzak
    SALES DIRECTOR
    Marcin Sobczyk
    Marcin Sobczyk
    FINANCE DIRECTOR
    Tomasz Bialik
    Tomasz Bialik
    IT DIRECTOR
    Wojciech Łubianka
    Wojciech Łubianka
    DIRECTOR OF DEVELOPMENT

    人気STO/ICO記事

    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

      近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
    • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

      空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常