crafty - ブロックチェーンに基づく自律型ワーカーフリーネットワーク

Craftyは自営業の家庭の清掃専門家またはお手伝いさんを雇うためのデジタルプラットフォーム(web、androidとiOS) "Diaríssima"(https://www.diarissima.com.br)の進化バージョンです。 ブラジル市場での2年以上の経験、50000回以上のダウンロードと20,000人以上のユーザーを抱えるCraftyは、拡大のためにクラウドファンディングを通じて資金調達を行い、大規模な広告サポートを必要とする100以上の職種に業務範囲を多様化しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CFTY
開始日時
2018-02-12
終了日時
2018-03-13
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 CFTY = 0.0000068 ETH
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of crafty?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BNB
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

使い方?

プロフェッショナルを選ぶ

クライアントは、データベース内の多くの専門分野のサービスプロバイダを探しています。 Craftyは、クライアントの要求に最も合った専門家を推奨します。 両当事者は価格と日付を交渉する完全な自由を持っている。

サービスと支払い

スケジュールされた日に、サービスは提供され、CFTYトークンまたはフラットを使用してプロに直接支払われます。 ユーザーは、代わりにCFTYを使用することで利点があります。

PAID評価

仕事が終わった後、クライアントと契約を結んだプロフェッショナルは、CFTYトークンを受け取ってお互いを評価します。

CFTYを使用する

ユーザーは、CFTYのトークンを使用して、Craftyプラットフォームを通じて、サービスの支払いや当社の取引パートナーの製品の購入を行うことができます。 AIは、選択したビジネスパートナーから、もちろんユーザーにとって重要な製品やサービスを提供するのに役立ちます。

チーム

Reinaldo Silva
Reinaldo Silva
CEO
Normann Kalmus
Normann Kalmus
CKO
Alessandro Ferreira
Alessandro Ferreira
IT Manager & Full-Stack Software Architect
Ricardo Bessa
Ricardo Bessa
Full stack developer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: