Aircraft - ブロックチェーンで世界を探検

Aircraft Companyはブロックチェーンベースのエコシステムであり、主な任務は、世界中の仮想通貨の影響の範囲を広げ、仮想通貨の支払いの可用性を確保することです。私たちのネットワークは、質の高い専門家と観光業界の企業の協会です。 この組合は、観光分野での仮想通貨を利用できるようにすること、旅行でより高いレベルのセキュリティとサービス品質を提供することを主な目的とした世界的な専門家を表しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AIRT
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-10-10
調達金額
160,000 USD
初回価格
1 AIRT = 0.60 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Aircraft?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - Day 1 - 30%
  • Pre-Sale - Week 1 - 25%
  • Pre-Sale - Week 2 - 15%
  • Pre-Sale - Week 3 - 10%

概要

Aircraftネットワークは、詐欺、チャージバック、オーバーブッキング、予約ミス、提供されるサービスの質の低下などの財政上および観光上の問題を解決するように設計されています。 1つの接続されたシステムで情報を収集、保存、更新することは、ネットワークのクライアントとパートナーの両方が問題を回避するのに役立ちます。

Aircraftの目標は各予約およびチケットの取引が公平であることと1人の顧客もだまされないことです。

ユニークなプラットフォームは、仮想通貨を含む30以上の通貨での支払いを可能にします。

特別なAIRTトークンは、所有者に割引やスペシャルオファーの世界への扉を開きます!

Aircraftシステムは、観光分野での仮想通貨を手頃な価格で利用できるようにすることを主な目的としています。将来はブロックチェインなどの技術にあると考えています。 仮想通貨は10年から20年で伝統的な法定通貨を完全に置き換えることができます。いくつかの国の抵抗にもかかわらず、優先的な支払手段として仮想通貨を採用することは、カードと現金による通常の支払方法よりも否定できない利点をもたらします。

Aircraftは、より完全で便利な支払い方法へのこの不可避的な進歩の一歩を踏み出すことを目指しています。主な支払い手段としての仮想通貨の日常使用は神話ではなく、今構築している現実です。

チーム すべてを見る

Stephen Cook
Stephen Cook
CEO
Richard Cook
Richard Cook
CTO
Hiroshi Watanabe
Hiroshi Watanabe
CFO
Jeffry Moon
Jeffry Moon
Developer
Suzi Heltzberger
Suzi Heltzberger
HR-specialist
Amanda Stoun
Amanda Stoun
PR-specialist

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・