LetsTrip - ブロックチェーン技術に基づくグローバルソーシャルプロジェクト

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LetsTrip / LST
開始日時
2019-04-20
終了日時
2019-05-20
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
12,500,000 USD
初回価格
0.0083 USD
トークン供給数
1,250,000,000
公式サイトへ Owner of LetsTrip?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームTron
タイプTRC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。    未知の村を通り過ぎて電車で旅行する、古い家のそばを歩く、または単に自転車に乗って橋を渡るなど、自分に問いてください、これらの場所の興味深い事実や歴史を知っていますか?想像してみてください:この橋の下の川には世界でもユニークな魚がいます。ラジオを発明した科学者がこの家に住んでいました。スペインの石で舗装された駅のホームは、1895年に作られました。毎日、その歴史や意味を知らないまま何百という興味深い場所を歩いています。私たちは歴史を忘れ、過去を分からない、周りの世界に興味がなくなっています。仮想通貨LSTは旅行の見方を変えます。    Let’s Tripは、何一つも見逃せないプロジェクトです。世界中のユーザーが今後数十年の間本当のサービスを創造することを助けてくれます。 Let's Tripのニッチ市場には競合相手はいません。見込み客のリーチは90カ国以上からの12億人以上の人々(世界観光機関)です。 Let's Tripの基本的な考え方は実際に機能し、すでにロシア連邦で1万人を超えるユーザーがあり、この数字は日々増え続けています。

チーム すべてを見る

Mikhail Khudokormov
Mikhail Khudokormov
CEO & Lead Blockchain
Ruslan Edihanov
Ruslan Edihanov
COO & Software Engineer
George Shaginyan
George Shaginyan
Core Developer
Sergey Andriyanov
Sergey Andriyanov
Product Manager
Stanislav Kaurov
Stanislav Kaurov
Core Developer
Armine Avakemyan
Armine Avakemyan
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株