LetsTrip - ブロックチェーン技術に基づくグローバルソーシャルプロジェクト

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LetsTrip / LST
開始日時
2019-04-20
終了日時
2019-05-20
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
12,500,000 USD
初回価格
0.0083 USD
トークン供給数
1,250,000,000
公式サイトへ Owner of LetsTrip?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームTron
タイプTRC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。    未知の村を通り過ぎて電車で旅行する、古い家のそばを歩く、または単に自転車に乗って橋を渡るなど、自分に問いてください、これらの場所の興味深い事実や歴史を知っていますか?想像してみてください:この橋の下の川には世界でもユニークな魚がいます。ラジオを発明した科学者がこの家に住んでいました。スペインの石で舗装された駅のホームは、1895年に作られました。毎日、その歴史や意味を知らないまま何百という興味深い場所を歩いています。私たちは歴史を忘れ、過去を分からない、周りの世界に興味がなくなっています。仮想通貨LSTは旅行の見方を変えます。    Let’s Tripは、何一つも見逃せないプロジェクトです。世界中のユーザーが今後数十年の間本当のサービスを創造することを助けてくれます。 Let's Tripのニッチ市場には競合相手はいません。見込み客のリーチは90カ国以上からの12億人以上の人々(世界観光機関)です。 Let's Tripの基本的な考え方は実際に機能し、すでにロシア連邦で1万人を超えるユーザーがあり、この数字は日々増え続けています。

チーム すべてを見る

Mikhail Khudokormov
Mikhail Khudokormov
CEO & Lead Blockchain
Ruslan Edihanov
Ruslan Edihanov
COO & Software Engineer
George Shaginyan
George Shaginyan
Core Developer
Sergey Andriyanov
Sergey Andriyanov
Product Manager
Stanislav Kaurov
Stanislav Kaurov
Core Developer
Armine Avakemyan
Armine Avakemyan
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社
  • API連携がうまくいかない - ポートフォリオ・取引

    API連携がうまくいかない原因は下記の2つが多いです。  取引所によっては(特に bitbank)シークレットキーをコピー&ペーストした場合、最後の文字の後ろに半角の空白スペースが入力されていることがあります。ペースト時にご確認ください。  coinEXなどIPアドレスの入力が必要な取引所では入力したIPアドレスと現在のIPアドレスが違うと連携されません。参考: IPアドレスをご確認の上、再度設定し直してください。 IPアドレスは下記サイトで確認できます。 システムエラーの可能性がございます。 お問い合わせ(ピックアップ>お問い合わせ)より設定できないAPIをご教授いただけますと幸いです。
  • 【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(E