LetsTrip - ブロックチェーン技術に基づくグローバルソーシャルプロジェクト

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LetsTrip / LST
開始日時
2019-04-20
終了日時
2019-05-20
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
12,500,000 USD
初回価格
0.0083 USD
トークン供給数
1,250,000,000
公式サイトへ Owner of LetsTrip?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームTron
タイプTRC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Let's Tripは、ブロックチェーンテクノロジをベースとした世界的なソーシャルプロジェクトです。ユーザーは世界の歴史的および観光のエコシステムの作成に積極的に参加でき、暗号通貨がコンテンツ作成の主な推進力となります。    未知の村を通り過ぎて電車で旅行する、古い家のそばを歩く、または単に自転車に乗って橋を渡るなど、自分に問いてください、これらの場所の興味深い事実や歴史を知っていますか?想像してみてください:この橋の下の川には世界でもユニークな魚がいます。ラジオを発明した科学者がこの家に住んでいました。スペインの石で舗装された駅のホームは、1895年に作られました。毎日、その歴史や意味を知らないまま何百という興味深い場所を歩いています。私たちは歴史を忘れ、過去を分からない、周りの世界に興味がなくなっています。仮想通貨LSTは旅行の見方を変えます。    Let’s Tripは、何一つも見逃せないプロジェクトです。世界中のユーザーが今後数十年の間本当のサービスを創造することを助けてくれます。 Let's Tripのニッチ市場には競合相手はいません。見込み客のリーチは90カ国以上からの12億人以上の人々(世界観光機関)です。 Let's Tripの基本的な考え方は実際に機能し、すでにロシア連邦で1万人を超えるユーザーがあり、この数字は日々増え続けています。

チーム すべてを見る

Mikhail Khudokormov
Mikhail Khudokormov
CEO & Lead Blockchain
Ruslan Edihanov
Ruslan Edihanov
COO & Software Engineer
George Shaginyan
George Shaginyan
Core Developer
Sergey Andriyanov
Sergey Andriyanov
Product Manager
Stanislav Kaurov
Stanislav Kaurov
Core Developer
Armine Avakemyan
Armine Avakemyan
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規