Navibration - 世界を知る方法を再発明

ナビブレーションエキスペリエンシーズは初めての分散型のソーシャルネットワークのルートです。全てのエコシステムはブロックチェーンのテクノロジーをベースとして構築されていきます。ルートは(地球上のどこの片隅でも)オーディオガイド(語り手は各土地の歴史上の人物)による案内を楽しむことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NAVI
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-12-05
最低目標
1,000 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 NAVI = 0.0001 ETH
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Navibration?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 1,000 ETH sold - 10% BONUS
  • Second 1,000 ETH sold - 20% BONUS

概要

NAVIBRATION S.L.は、私たちがその時間とエネルギーを自らの情熱に注ぎ込もうと決意し起業した、設立間もないスペイン企業です。私たちは子どものように大きな夢を抱いて事業をスタートさせ、再考を重ねたり、あらゆる点に問いを投げかけてきました。世界を動き回る従来の方法は気に入っていたものの、地図を読むのが難しかったり、道の途中で絶えずデバイスに目をやらなければならないのが好きになれませんでした。そこで、これを念頭に、独創的な何か、新しい何かを探しました。いつか自分たちで道順を決められたら?ふと考えました。しかも、ある日行き先を見つける必要にせまられたら?私たちの最初の夢がかない、ついにその日がやってきました。子供のように私たちの頭の中は夢でいっぱいで、目下、夢の実現に懸命に取り組んでいます。NAVIBRATION S.L.は、私たちがその時間とエネルギーを自らの情熱に注ぎ込もうと決意し起業した、設立間もないスペイン企業です。私たちは子どものように大きな夢を抱いて事業をスタートさせ、再考を重ねたり、あらゆる点に問いを投げかけてきました。世界を動き回る従来の方法は気に入っていたものの、地図を読むのが難しかったり、道の途中で絶えずデバイスに目をやらなければならないのが好きになれませんでした。そこで、これを念頭に、独創的な何か、新しい何かを探しました。いつか自分たちで道順を決められたら?ふと考えました。しかも、ある日行き先を見つける必要にせまられたら?私たちの最初の夢がかない、ついにその日がやってきました。子供のように私たちの頭の中は夢でいっぱいで、目下、夢の実現に懸命に取り組んでいます。

チーム すべてを見る

Sally Eaves
Sally Eaves
Emergent Technology CTO Official Member at Forbes Technology Council Global Strategy Advisor
Christel Quek
Christel Quek
Advisor at Zilliqa Former Head of Content at Twitter Former Business Lead at Samsung
Richard Wang
Richard Wang
Partner at DraperDragon Fund Technical publisher in IEEE journal GPS Expert
Doug Park
Doug Park
Managing Partner at Park & Dibadj Former President of the Harvard Club of Silicon Valley
Sergio Garcia
Sergio Garcia
IT Consultant ICO Analyst
Sébastien Bourguignon
Sébastien Bourguignon
IT Consulting Manager Lead Digital Influencer

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー