COLU LOCAL NETWORK - ローカル決済ネットワーク

個人と企業の所有者がまったく、これは。Coluは新しい分散方通貨システムを導入しました付加価値、弊社は。摩擦なしで自分のローカル経済で取引を行うことを可能にするものです。持続可能なローカルの成長を生み、を提供してビジネスのための料金を下げることによって参加者がアクティブなローカルで金融上のエコシステム。出すことができると信じていますローカル、ローカルな企業家精神の機運が強まり、を作り出すことを可能にすることにより。レベルでビジネスを発展させようという環境が作り出されます

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CLN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of COLU LOCAL NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地域通貨のエコシステム

コミュニティのメンバーは、新しい富の源泉としてコミュニティの通貨を所有することができ、コミュニティが地域の経済をブートストラップするのを助けます。これにより、地元の事業主が不必要な手数料を削減し、キャッシュフローを増加させ、CLNを介して金融サービスを受けることを支援する一方で、地域住民が地元で購入し、地域社会に資金を再投資するようインセンティブを与えます。

トークン

CLNトークンは、グローバルな価値ネットワークに接続することで、地域経済に力を与えます。 CLNトークンは、ネットワーク上で発行されたコミュニティ通貨のインデックス値を表します。これによりコミュニティはブートストラップを可能にし、即座の流動性で現地市場に新しい通貨を提供します。 CLNトークンは、ERC-20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されます。

ネットワーク

コルローカルネットワークは複数のステークホルダーから構成され、それぞれがネットワークを確立し、維持する上で基本的な役割を果たします。エコシステムの役割は、保護者の権利の分配と付加価値金融サービスの統合のためのオープンソースツールボックスの導入を通じて、地域通貨の流通を促進するように設計されています。

チーム

AMOS MEIRI
AMOS MEIRI
Co founder & CEO
MARK SMARGON
MARK SMARGON
Co founder & VP of Blockchain
DAVID RING
DAVID RING
Co founder & VP Finance
PROF. DAN ARIELY
PROF. DAN ARIELY
CBO

人気STO/ICO記事

  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと