COLU LOCAL NETWORK - ローカル決済ネットワーク

個人と企業の所有者がまったく、これは。Coluは新しい分散方通貨システムを導入しました付加価値、弊社は。摩擦なしで自分のローカル経済で取引を行うことを可能にするものです。持続可能なローカルの成長を生み、を提供してビジネスのための料金を下げることによって参加者がアクティブなローカルで金融上のエコシステム。出すことができると信じていますローカル、ローカルな企業家精神の機運が強まり、を作り出すことを可能にすることにより。レベルでビジネスを発展させようという環境が作り出されます

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CLN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of COLU LOCAL NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地域通貨のエコシステム

コミュニティのメンバーは、新しい富の源泉としてコミュニティの通貨を所有することができ、コミュニティが地域の経済をブートストラップするのを助けます。これにより、地元の事業主が不必要な手数料を削減し、キャッシュフローを増加させ、CLNを介して金融サービスを受けることを支援する一方で、地域住民が地元で購入し、地域社会に資金を再投資するようインセンティブを与えます。

トークン

CLNトークンは、グローバルな価値ネットワークに接続することで、地域経済に力を与えます。 CLNトークンは、ネットワーク上で発行されたコミュニティ通貨のインデックス値を表します。これによりコミュニティはブートストラップを可能にし、即座の流動性で現地市場に新しい通貨を提供します。 CLNトークンは、ERC-20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されます。

ネットワーク

コルローカルネットワークは複数のステークホルダーから構成され、それぞれがネットワークを確立し、維持する上で基本的な役割を果たします。エコシステムの役割は、保護者の権利の分配と付加価値金融サービスの統合のためのオープンソースツールボックスの導入を通じて、地域通貨の流通を促進するように設計されています。

チーム

AMOS MEIRI
AMOS MEIRI
Co founder & CEO
MARK SMARGON
MARK SMARGON
Co founder & VP of Blockchain
DAVID RING
DAVID RING
Co founder & VP Finance
PROF. DAN ARIELY
PROF. DAN ARIELY
CBO

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32