COLU LOCAL NETWORK - ローカル決済ネットワーク

個人と企業の所有者がまったく、これは。Coluは新しい分散方通貨システムを導入しました付加価値、弊社は。摩擦なしで自分のローカル経済で取引を行うことを可能にするものです。持続可能なローカルの成長を生み、を提供してビジネスのための料金を下げることによって参加者がアクティブなローカルで金融上のエコシステム。出すことができると信じていますローカル、ローカルな企業家精神の機運が強まり、を作り出すことを可能にすることにより。レベルでビジネスを発展させようという環境が作り出されます

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CLN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of COLU LOCAL NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地域通貨のエコシステム

コミュニティのメンバーは、新しい富の源泉としてコミュニティの通貨を所有することができ、コミュニティが地域の経済をブートストラップするのを助けます。これにより、地元の事業主が不必要な手数料を削減し、キャッシュフローを増加させ、CLNを介して金融サービスを受けることを支援する一方で、地域住民が地元で購入し、地域社会に資金を再投資するようインセンティブを与えます。

トークン

CLNトークンは、グローバルな価値ネットワークに接続することで、地域経済に力を与えます。 CLNトークンは、ネットワーク上で発行されたコミュニティ通貨のインデックス値を表します。これによりコミュニティはブートストラップを可能にし、即座の流動性で現地市場に新しい通貨を提供します。 CLNトークンは、ERC-20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されます。

ネットワーク

コルローカルネットワークは複数のステークホルダーから構成され、それぞれがネットワークを確立し、維持する上で基本的な役割を果たします。エコシステムの役割は、保護者の権利の分配と付加価値金融サービスの統合のためのオープンソースツールボックスの導入を通じて、地域通貨の流通を促進するように設計されています。

チーム

AMOS MEIRI
AMOS MEIRI
Co founder & CEO
MARK SMARGON
MARK SMARGON
Co founder & VP of Blockchain
DAVID RING
DAVID RING
Co founder & VP Finance
PROF. DAN ARIELY
PROF. DAN ARIELY
CBO

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7