COLU LOCAL NETWORK - ローカル決済ネットワーク

個人と企業の所有者がまったく、これは。Coluは新しい分散方通貨システムを導入しました付加価値、弊社は。摩擦なしで自分のローカル経済で取引を行うことを可能にするものです。持続可能なローカルの成長を生み、を提供してビジネスのための料金を下げることによって参加者がアクティブなローカルで金融上のエコシステム。出すことができると信じていますローカル、ローカルな企業家精神の機運が強まり、を作り出すことを可能にすることにより。レベルでビジネスを発展させようという環境が作り出されます

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CLN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of COLU LOCAL NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

地域通貨のエコシステム

コミュニティのメンバーは、新しい富の源泉としてコミュニティの通貨を所有することができ、コミュニティが地域の経済をブートストラップするのを助けます。これにより、地元の事業主が不必要な手数料を削減し、キャッシュフローを増加させ、CLNを介して金融サービスを受けることを支援する一方で、地域住民が地元で購入し、地域社会に資金を再投資するようインセンティブを与えます。

トークン

CLNトークンは、グローバルな価値ネットワークに接続することで、地域経済に力を与えます。 CLNトークンは、ネットワーク上で発行されたコミュニティ通貨のインデックス値を表します。これによりコミュニティはブートストラップを可能にし、即座の流動性で現地市場に新しい通貨を提供します。 CLNトークンは、ERC-20トークンとしてイーサリアムネットワーク上で発行されます。

ネットワーク

コルローカルネットワークは複数のステークホルダーから構成され、それぞれがネットワークを確立し、維持する上で基本的な役割を果たします。エコシステムの役割は、保護者の権利の分配と付加価値金融サービスの統合のためのオープンソースツールボックスの導入を通じて、地域通貨の流通を促進するように設計されています。

チーム

AMOS MEIRI
AMOS MEIRI
Co founder & CEO
MARK SMARGON
MARK SMARGON
Co founder & VP of Blockchain
DAVID RING
DAVID RING
Co founder & VP Finance
PROF. DAN ARIELY
PROF. DAN ARIELY
CBO

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・