Capverto - 未来のための銀行業

CAPVERTO Exchangeは、銀行取引から最も頻繁に除外される人々のニーズに直接対応する設計を通して、仮想通貨の基本的な利点を大幅に拡張する、多用途のユーティリティトークンに基づくデジタル通貨です。 プリペイドカードを中心とした、多面的な銀行風の体験を提供します。高速で適切に設計されたウェブサイトにログオンするのと同じくらい使いやすいです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CAP
開始日時
2018-04-01
終了日時
2019-04-29
最低目標
6,200,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
2.6600 USD
トークン供給数
171,375,000
公式サイトへ Owner of Capverto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, FIAT, BCH
供給率69%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

包括的な銀行システムは、経済成長と貧困削減の原動力です。あらゆる種類の銀行サービスにアクセスできない場合、銀行口座を持たない人々は金融ニーズを満たすためにマイクロクレジットネットワークや給料日貸し手のようなアウトレットに頼らなければならない、こちらの選択肢の高い金利、割高の手数料、限られた全柔軟性にもかかわらずです。銀行利用できない人々には、より公平で柔軟な代替手段が必要です。

仮想通貨はこれらの点でかなりの見込みがあります。複雑なインフラストラクチャや伝統的な集中型ファイナンスの官僚制を必要としません。また、ICOの参加者は、豊富な金融記録を持っていたり、支店に行ったりする必要もありません。参加は、オンラインアカウントを開設するためにいくつかのセキュリティ検証にクリアするのと同じくらい簡単なことが多く、取引手数料が少なくて済むという大きな利点があります。

今日まで、デジタル通貨は、かつては従来の機関だけを通過していた金融業務を分散化および簡素化することによって大きな注目を集めており、ペイメントカードを使用する場合は複数の当事者が処理する必要があるためコストがかかりました。しかしながら、これらのプロジェクトは未バンキング/アンダーバンクのニーズをまだ明確にはターゲットにしていません。

CAPVERTO Exchangeは、銀行口座を持ってない人々を対象としたICOを提供しており、仮想通貨の固有の利点を活かす機会があることを確認します。 CAPユーティリティトークンを中心とした革新的な銀行業務および取引機能にリンクされた国際的なプリペイドカードプログラムを組み合わせることで、法定通貨と仮想通貨の世界を橋渡しします。

CAPVERTO Exchangeの機能はすべてCAPの価値に影響を及ぼします。つまり、CAPの価格は、情報に基づいていない憶測ではなく生産的な活動を反映しているということです。 CAPVERTO Exchange内の資産も、仮想通貨保険で保護されている場合があります。

チーム すべてを見る

Martin Horsfeldt Mathiassen
Martin Horsfeldt Mathiassen
CEO & Co-founder
René Fürster Simonsen
René Fürster Simonsen
CTO & Co-founder
Rene Meldgaard
Rene Meldgaard
CIO & Co-founder
Jesper Andersen
Jesper Andersen
Consultant
Anastasiya Voronina
Anastasiya Voronina
IT Project Manager
Sebastian Bucur
Sebastian Bucur
Business Developer

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ