Bulltoken - コミュニティがあなたのために働くようにしましょう。

Bulltokenは、交流に記載された選択されたICO /コインが、意思決定のための群衆の知恵を活用して、地域社会のコンセンサスのプロセスを通じて投資される、人民駆動のクリプトカルトの投資コミュニティです。 BULLトークン所有者は潜在的なICO /コインを提案し、それらを調査し、それらに投資するかどうか投票することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BULL
開始日時
2018-04-03
終了日時
2018-05-19
最低目標
500 ETH
初回価格
1 ETH = 250 BULL
トークン供給数
4,453,135
公式サイトへ Owner of Bulltoken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率8.1%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 30 %
  • Day 2 - 15 %
  • Day 3 - 10 %
  • Day 4-10 - 5 %

概要

ブルートケンでの投資

BullToken ICOの主な売却中に回収された資金はすべて、AUM(運用資産)ファンドに直接送られます。 これは、本格的な販売が終わった直後に再投資を開始することを意味し、「研究開発」を待つ必要はありません!

BullTokenについて忘れる

BullTokenへのあなたの投資は、透過的で無差別なエコシステムの暗号化のプロフェッショナルと愛好家によって管理されています。 あなたが「投資して忘れる」ためには、関係するすべての人があなたと同じように「それを勝ち取る」ことを知っているので、あなたは贅沢です!

ブルートケンからの利益

私たちは皆同じ仮想通貨ポートフォリオを共有しています! BullTokenが勝利したら、あなたもそうです。 少し利益を上げるためにBULLを売りたいなら、いつでも自由にすることができます!

チーム

Raymond Øverlie
Raymond Øverlie
Chief Executive Officer
Espen Moen Kvelland
Espen Moen Kvelland
Chief Technology Officer
Tormod Lindøe
Tormod Lindøe
Chief Financial Officer
Louie Procopio
Louie Procopio
Chief Marketing Officer
Manish Gupta
Manish Gupta
Technical Director
Henrik Holter
Henrik Holter
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・