CrowdWiz(Token Sale) - 未来を掴む

CrowdWizファンドは投資商品のパイオニアであり、参加者は集団的な知恵と洞察のおかげで、市場に対する投資機会を提供し、評価し、行動することができます。すべての資本決定は、イーサリアムブロックチェーンネットワーク上のスマートコントラクトによって実行される投票プロセスの対象となり、公平で透明性の高い投資プロセスを保証し、参加者が最良の行動を決められます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WIZ
開始日時
2017-11-20
終了日時
2017-12-20
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 WIZ = 1 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of CrowdWiz(Token Sale)?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • DAY 1-3 - 15%
  • DAY 4-8 - 10%
  • DAY 9-18 - 5%

概要

CrowdWizは、仲介者や個人のコントロールから離れた環境を生み出すエコシステムであり、投資家の手元に戻します。仲介人もなく、莫大な手数料なしで、新しい、透明な方法で金融サービスを受けることができます。 Wiz FundとWiz Exchangeのリリースは、私たちの目標に向けた第一歩であり、Wiz Crypto Lending、Wiz Insuranceなどがこれに続きます。

私たちの使命は、仲介者を排除し、投資家に全面的に権限を与えることによって、投資プロセスを完全に民主化することです。

あなたの手にある未来

CrowdWizの持続可能性

金融界における疑問のある過去および現在の慣行と比較して、新しい複雑な経済システムが持続可能な方法で開発され、機能するためには、改訂された哲学的アプローチとビジョンが必要であることは明らかです。私たちは、投資家の関心と関わりがこの使命のピボットポイントになると確信しています。

完全な透明性

投資資本の公平で透明な交換は、複雑な金融エコシステムに最も重要であり、それと同時に、そのプロセスがどのように効率的にアクセスできるかということにもなります。この技術的に解放されたネットワークは、コスト最適化のレベルと近づきやすさの程度に優れています。

ミッション

投資家に力を戻し、投資家にコントロールするという唯一の目的で、投資実務と事業を改革します。不適切な、独占的かつ陳腐化した法律の規制によって悪化した既存の銀行や金融機関の非効率性は、この変化に対する強い要求を作り出しました。

イーサリアムブロックチェーン技術

先進的な技術により、世界の金融サービスをより安全に、よりスマートに、よりアクセスしやすくする努力は、CrowdWiz LendingとCrowdWiz Insuranceを次の開発計画として、CrowdWiz FundsとCrowdWiz Exchangeを作成することを目の当たりにしています。

チーム すべてを見る

Michael Golod
Michael Golod
Co-Founder and CEO
Slavena Savcheva
Slavena Savcheva
Co-Founder and BizDev
Martin Parvanov
Martin Parvanov
Trading Product Manager
Stan Kirilov
Stan Kirilov
UI/UX Strategy
Dror Levy
Dror Levy
Blockchain Architect
Alexander Lvovich
Alexander Lvovich
Software Architect

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。