Brixby - 輸送サービスの市場

Brixbyは使いやすいBrixbyアプリで、車を借りたり、駐車したり、充電(電気の場合)したりしたり人とそのサービスを提供できる資産所有者を集めるブロックチェーンをベースにしたマーケットプレイスです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
BRICK
初回価格
0.000917 ETH
トークン供給数
110,966,480
公式サイトへ Owner of Brixby?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - Day 1 - 50%
  • Pre-sale - Day 2 - 45%
  • Pre-sale - Day 3 - 43%
  • Pre-sale - Day 4+ - 40%

概要

Brixby is a marketplace that brings together people who want to rent, park, and charge their (electric) cars and asset owners who are ready to offer those services, in one easy-to-use Brixby app. Brixby takes care of the entire driver’s journey, making it faster and more convenient. Transportation services are in high demand, due to the growth of cities and increases in population. It is a USD 74+ BN market, which is ready for innovation and transparency.Brixby will provide a decentralised blockchain-based marketplace suitable for a service provider of any size.Brixby is a decentralised platform where each transaction is confirmed using blockchain technology. We believe that Brixby's transparency and confirmation functionality will benefit every industry player:

  • large, centralised service providers will improve their internal procedures, increase transparency, and decrease processing mistakes due to blockchain
  • small service providers will be able to sell services to more consumers and do it more transparently
  • consumers will gain from the assurance that the money they pay for services gets to the correct place in the correct time, with no fines due to processing mistakes
  • everyone will get a convenient, universal user interface
  • Also, Brixby will:
  • Provide transportation service operators with new tools for efficient and modern asset management for BRICKs tokens. Being listed on a global service map will make it possible to attract more clients.
  • Provide urban dwellers with information about the availability of transportation services and payment methods in an easy-to-use, accessible format, on their smartphones.
  • Provide solutions for managing transportation without large expenditures for small businesses.
  • Provide urban dwellers information about availability of transportation services and payment methods in easy to use and access format, on smartphone.
  • Ensure transparency of financial and non-financial transactions using blockchain technology, which can be controlled by any user.
  • Provide access for small service providers to consumers, letting small service providers offer their services in easy-to-use and transparent way.
  • チーム すべてを見る

    Daniil Titarenko
    Daniil Titarenko
    Co-Founder & CEO
    Denis Ambatenne
    Denis Ambatenne
    Product Owner
    Andrey Boldin
    Andrey Boldin
    Co-Founder & CFO
    Olga Gavrilenko
    Olga Gavrilenko
    Law & Regulation
    Anton Rumyantsev
    Anton Rumyantsev
    Front-End Team Lead
    Mikhail Pokidko
    Mikhail Pokidko
    CTO

    人気STO/ICO記事

    • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

      バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
    • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

      海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、