Brixby - 輸送サービスの市場

Brixbyは使いやすいBrixbyアプリで、車を借りたり、駐車したり、充電(電気の場合)したりしたり人とそのサービスを提供できる資産所有者を集めるブロックチェーンをベースにしたマーケットプレイスです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
BRICK
初回価格
0.000917 ETH
トークン供給数
110,966,480
公式サイトへ Owner of Brixby?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - Day 1 - 50%
  • Pre-sale - Day 2 - 45%
  • Pre-sale - Day 3 - 43%
  • Pre-sale - Day 4+ - 40%

概要

Brixby is a marketplace that brings together people who want to rent, park, and charge their (electric) cars and asset owners who are ready to offer those services, in one easy-to-use Brixby app. Brixby takes care of the entire driver’s journey, making it faster and more convenient. Transportation services are in high demand, due to the growth of cities and increases in population. It is a USD 74+ BN market, which is ready for innovation and transparency.Brixby will provide a decentralised blockchain-based marketplace suitable for a service provider of any size.Brixby is a decentralised platform where each transaction is confirmed using blockchain technology. We believe that Brixby's transparency and confirmation functionality will benefit every industry player:

  • large, centralised service providers will improve their internal procedures, increase transparency, and decrease processing mistakes due to blockchain
  • small service providers will be able to sell services to more consumers and do it more transparently
  • consumers will gain from the assurance that the money they pay for services gets to the correct place in the correct time, with no fines due to processing mistakes
  • everyone will get a convenient, universal user interface
  • Also, Brixby will:
  • Provide transportation service operators with new tools for efficient and modern asset management for BRICKs tokens. Being listed on a global service map will make it possible to attract more clients.
  • Provide urban dwellers with information about the availability of transportation services and payment methods in an easy-to-use, accessible format, on their smartphones.
  • Provide solutions for managing transportation without large expenditures for small businesses.
  • Provide urban dwellers information about availability of transportation services and payment methods in easy to use and access format, on smartphone.
  • Ensure transparency of financial and non-financial transactions using blockchain technology, which can be controlled by any user.
  • Provide access for small service providers to consumers, letting small service providers offer their services in easy-to-use and transparent way.
  • チーム すべてを見る

    Daniil Titarenko
    Daniil Titarenko
    Co-Founder & CEO
    Denis Ambatenne
    Denis Ambatenne
    Product Owner
    Andrey Boldin
    Andrey Boldin
    Co-Founder & CFO
    Olga Gavrilenko
    Olga Gavrilenko
    Law & Regulation
    Anton Rumyantsev
    Anton Rumyantsev
    Front-End Team Lead
    Mikhail Pokidko
    Mikhail Pokidko
    CTO

    人気STO/ICO記事

    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[