BitValve - 高度なP2P暗号交換プラットフォーム

BitValveは、ユニークでフル機能のプラットフォームを世界中のトレーダーに紹介することで、現在のP2P取引所寡占を崩壊することを目指しています。 私たちの考えは、世界中のすべての人が、利用可能な支払い方法を使って、自分の好きな暗号通貨にアクセスし、売買し、それが法定通貨か暗号通貨かにかかわらず、他のユーザーと直接取引できるということです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTV
開始日時
2019-01-02
終了日時
2019-04-01
最高目標
2,800,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
14,000,000
公式サイトへ Owner of BitValve?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 40%
  • 1st Week - 20%
  • 2nd Week - 15%
  • 3rd Week - 10%

概要

近年、暗号通貨を売買する業界の成長を目の当たりにしてきましたが、その業界はまだ初期段階にあります。さらに、既存のピアツーピア暗号通貨取引所は、しばしば比較的高い料金を有し、限られた数の暗号通貨をサポートし、そして暗号通貨間取引を可能にしない。さらに、既存のやりとりは、非常に基本的で理解しにくいユーザーエクスペリエンスデザイン(UX)およびユーザーインターフェースデザイン(UI)を持ち、iPhoneおよびAndroidアプリのサポートを欠き、情報セキュリティが低く、高価または存在しない紛争解決サポートを提供します。処理が遅く硬直しているため、支払い方法が限られており、可用性が限られています。    市場にはたった2つの主要なP2P取引所しかないので、プロのトレーダーとカジュアルなユーザーは全体的により良いピアツーピア取引経験のための代替選択肢がないままにされています。    BitValveでは、現在の取引所のすべての利点を組み合わせ、市場の潜在能力を最大限に引き出すことができないという欠点に対処することによって、P2P取引所プラットフォームを作成します。このプラットフォームは、プロのトレーダーだけでなく、短期間で、安価で効率的な方法で、自分のコインを法定通貨または他の仮想通貨と交換することを望んでいる普通のユーザーもターゲットにします。    私たちの考えは、世界中のすべての人が、利用可能な支払い方法を使って、自分の好きな暗号通貨にアクセスし、売買し、それが法定通貨か暗号通貨かにかかわらず、他のユーザーと直接取引できるということです。プラットフォームは、信頼できるエスクローサービスとして機能することにより、取引の安全性を確保します。さらに、本プラットフォームは、ベネズエラのような現在金融危機に直面している国々に、代替、分散型および即時取引の選択肢を彼らに与えることによって、良い影響を与えます。

チーム すべてを見る

Konstantinos Berios
Konstantinos Berios
Founder & Backend engineer
Julien Gionis
Julien Gionis
Brand Designer
John Markostamos
John Markostamos
Frontend Engineer
Nikiforos Kollaros
Nikiforos Kollaros
UI & UX Designer
Ben Kaufman
Ben Kaufman
Blockchain Developer
Daniel Dimov
Daniel Dimov
Legal Advisor

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人