Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

Bigbom Ecoは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、イーサリアムプラットフォームのERC-20標準を使用し、DApps技術を念頭に開発されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-05-15
最低目標
1,500 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 BBO = 0.00005 ETH
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 week - 25%
  • 2 week - 15%
  • 3 week - 10%
  • 4 week - 5%
  • End of ICO - 3%

概要

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 BigbomはBigbom Ecoのエコシステムの一部です。

伝統的な広告方法にはいくつかの欠点があります。 それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。 広告主は支払った後も要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。

Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートコントラクトソリューションを提供します。

さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

チーム すべてを見る

Mr. Nguyen Van Vung
Mr. Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Mr. Co Le Quoc Tuan
Mr. Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer & Co-founder
Cau Trang
Cau Trang
Lead UI/UX Engineer
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Backend Developer

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに