Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

Bigbom Ecoは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、イーサリアムプラットフォームのERC-20標準を使用し、DApps技術を念頭に開発されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-05-15
最低目標
1,500 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 BBO = 0.00005 ETH
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 week - 25%
  • 2 week - 15%
  • 3 week - 10%
  • 4 week - 5%
  • End of ICO - 3%

概要

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 BigbomはBigbom Ecoのエコシステムの一部です。

伝統的な広告方法にはいくつかの欠点があります。 それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。 広告主は支払った後も要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。

Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートコントラクトソリューションを提供します。

さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

チーム すべてを見る

Mr. Nguyen Van Vung
Mr. Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Mr. Co Le Quoc Tuan
Mr. Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer & Co-founder
Cau Trang
Cau Trang
Lead UI/UX Engineer
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Backend Developer

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部