Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

Bigbom Ecoは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、イーサリアムプラットフォームのERC-20標準を使用し、DApps技術を念頭に開発されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-05-15
最低目標
1,500 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 BBO = 0.00005 ETH
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 week - 25%
  • 2 week - 15%
  • 3 week - 10%
  • 4 week - 5%
  • End of ICO - 3%

概要

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 BigbomはBigbom Ecoのエコシステムの一部です。

伝統的な広告方法にはいくつかの欠点があります。 それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。 広告主は支払った後も要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。

Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートコントラクトソリューションを提供します。

さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

チーム すべてを見る

Mr. Nguyen Van Vung
Mr. Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Mr. Co Le Quoc Tuan
Mr. Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer & Co-founder
Cau Trang
Cau Trang
Lead UI/UX Engineer
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Backend Developer

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし