Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

Bigbom Ecoは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、イーサリアムプラットフォームのERC-20標準を使用し、DApps技術を念頭に開発されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-05-15
最低目標
1,500 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 BBO = 0.00005 ETH
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 week - 25%
  • 2 week - 15%
  • 3 week - 10%
  • 4 week - 5%
  • End of ICO - 3%

概要

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 BigbomはBigbom Ecoのエコシステムの一部です。

伝統的な広告方法にはいくつかの欠点があります。 それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。 広告主は支払った後も要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。

Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートコントラクトソリューションを提供します。

さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

チーム すべてを見る

Mr. Nguyen Van Vung
Mr. Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Mr. Co Le Quoc Tuan
Mr. Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
Ms. Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Mr. Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer & Co-founder
Cau Trang
Cau Trang
Lead UI/UX Engineer
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Mr. Nguyen Quoc Khanh
Backend Developer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO