Papyrusはブロックチェーンアーキテクチャを利用して、ユーザー、パブリッシャー、広告主、分散アプリケーション(dApp)開発者に効率的で透明かつ相互に有益な環境を提供するために、プログラム広告スタックを大幅に改善するデジタル広告のための包括的で拡張性の高い分散型エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PPR
開始日時
2018-03-21
終了日時
2018-09-15
最低目標
20,000 ETH
最高目標
17,500,000 USD
初回価格
1 PPR = 0.055$
トークン供給数
450,000,000
公式サイトへ Owner of Papyrus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, Singapore, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユーザー向け

制御広告

ユーザーは、正確なポリシーを作成して、どの広告を表示し、どのデータを広告主と共有するかを制御できます。

快適なインターネット

広告主はユーザーエクスペリエンスの向上に専念する必要があります。不適切な広告や不正行為はありません。

経済の共有

ユーザーは公正な共有経済に参加して、即座にデータを補い、広告に応えます。

発行者向け

広告ベースのdAppエコノミー

広告収益化とdApp価値経済のシームレスな融合により、開発者は広告報酬を活用する新しい世代のdAppを構築できます。

dAppの成長

dAppの開発者は、既存のdAppの統合されたユーザーベースを使用して、アプリケーションとトークンの提供を即座に宣伝することができます。

より高い収入

伝統的なWebおよびモバイルの発行者でも、即時支払い決済と追加の広告需要の利点を活用することができます。

広告主様向け

高品質のトラフィック

エコシステム内の分散した評判と不正使用防止ソリューションは、広告主を人間以外の不正なトラフィックから保護し、ブランドの安全性を確保します。

完全な透明性

すべての広告データは、ブロックチェーンと分散ストレージに安全に保存され、すべての操作のトレーサビリティを可能にし、仲介による広告購入のチェーン内の詐欺を排除します。

低技術コスト

リアルタイムの広告支払いを伴う透明な環境は、従来の複雑なアドテックソリューションと比較して、技術コストを大幅に削減します。

どのように機能するのですか?

これらはPapyrusが使用する基本的な要素と技術です: 1. イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクト 2. トランザクション・パフォーマンスのスケーラビリティのためのチャネル・ネットワーク 3. イベントログ用の安全で大範囲な分散型データストレージ 4. ブロックチェーンの身元と評判管理システム。 5. OpenRTBに基づく分散型リアルタイムビッダー(RTB)プロトコル

Papyrusのアーキテクチャは4つのレイヤーで構成されています。各層のコンポーネントは、Papyrusチームによって、エコシステムの成長と普及のためにオープンソースソフトウェアとして開発されています。 Papyrus AdTech Infrastructureレイヤには、Papyrusエコシステム内で完全なデジタル広告サイクルを確立し、従来のadtechシステムでゲートウェイを作成するために必要なすべてのコンポーネントが含まれています。

チーム すべてを見る

Abeed Janmohamed
Abeed Janmohamed
CEO
Igor Alferov
Igor Alferov
Founder
Shirlene Chandrapal
Shirlene Chandrapal
SVP Strategic Business Development
Addie Conner
Addie Conner
SVP Product Evangelist
Elena Obukhova
Elena Obukhova
Communications Director
Alexander Shvets
Alexander Shvets
Product Director

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7