Bigbom Eco - Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

ビッグボムエコは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型の広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、EthereumプラットフォームのERC-20標準を使用して、DApps技術を念頭に開発されています。Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 ビッグボムはビッグボム・エコの生態系の一部です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-03-28
終了日時
2018-04-10
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 ETH = 20,000 BBO
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率16.25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ビッグボムエコは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型の広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、EthereumプラットフォームのERC-20標準を使用してDApps技術を念頭に開発されています。

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。ビッグボムはビッグボム・エコの生態系の一部です。伝統的な広告方法にはいくつかの欠点がある。

それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。広告主は支払い後に要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダーは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。 Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートな契約ソリューションを提供します。さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

主な特長:

  • 簡単なエンゲージメントと広告主にとって効果的なコスト
  • パートナーを簡単に選択
  • 高速で信頼できる&安全
  • 簡単なエンゲージメント
  • 関連機

チーム

Nguyen Van Vung
Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Co Le Quoc Tuan
Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Huynh Thi Hoang Anh
Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Nguyen Thanh Quoc Hung
Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer
Khanh Nguyen
Khanh Nguyen
Backend Developer
Thinh Au
Thinh Au
Front-end Developer

人気STO/ICO記事

  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7