Bigbom Eco - Bigbom Eco - 分散型広告エコシステム

ビッグボムエコは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型の広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、EthereumプラットフォームのERC-20標準を使用して、DApps技術を念頭に開発されています。Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。 ビッグボムはビッグボム・エコの生態系の一部です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBO
開始日時
2018-03-28
終了日時
2018-04-10
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 ETH = 20,000 BBO
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Bigbom Eco ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率16.25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ビッグボムエコは、広告主、サービスプロバイダ、コンテンツ出版社、広告チャネル、プラットフォームなどを含む、オンライン広告に関わるすべての関係者のための分散型の広告エコシステムとして機能します。 Bigbom Ecoは、EthereumプラットフォームのERC-20標準を使用してDApps技術を念頭に開発されています。

Bigbom Ecoを介してリンクされたすべてのデータは、透過的、正確、自動化、不変であると誇りに思っています。ビッグボムはビッグボム・エコの生態系の一部です。伝統的な広告方法にはいくつかの欠点がある。

それらのうちの1つはパートナー間の信頼の欠如です。広告主は支払い後に要件が満たされない恐れがありますが、サービスプロバイダーは完成したサービスに対して広告主が支払うことはないと懸念しています。 Bigbom Ecoは、両当事者が互いに容易に信頼できるスマートな契約ソリューションを提供します。さらに、BigBomの取引は、迅速で費用効果が高く、透明です。

主な特長:

  • 簡単なエンゲージメントと広告主にとって効果的なコスト
  • パートナーを簡単に選択
  • 高速で信頼できる&安全
  • 簡単なエンゲージメント
  • 関連機

チーム

Nguyen Van Vung
Nguyen Van Vung
CEO & Co-founder
Co Le Quoc Tuan
Co Le Quoc Tuan
CTO & Co-founder
Huynh Thi Hoang Anh
Huynh Thi Hoang Anh
CMO & Co-founder
Nguyen Thanh Quoc Hung
Nguyen Thanh Quoc Hung
Lead Engineer
Khanh Nguyen
Khanh Nguyen
Backend Developer
Thinh Au
Thinh Au
Front-end Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株