Betform - スマートコントラクトによる、ソーシャルベッティングプラットフォーム

ベットフォームの使命は、最大の利便性でマルチプレイヤーのブロックチェーンゲームをプレイヤーに提供し、エコシステムの最高レベルのセキュリティ基準を遵守しながら、最高の分散型社会的賭博プラットフォームとしての地位を確立することです。ブロックチェーンを接続し、スマートコントラクトを活用し、完全に安全で瞬間的かつ低コストの方法で動作する決済チャネルによって実現してます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BFC
開始日時
2018-10-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
16,900,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
201,250,000
公式サイトへ Owner of Betform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83.9%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    公平を証明できるゲーム

    Betformは、ゲームの成果を生み出す透明なアプローチを使用してます。 私たちのPRNGは、評判の良いテストラボによってテストされ、認定されています。 プレーヤーはいつでもアクセスできて、すべてのカードゲームの履歴を確認することができます。

    楽しく社交しよう

    他のオンラインカジノとは違って、私たちのプラットフォームでプレーするときに、友達と一緒に遊べたり、友達を招待できたり、テーブルに参加して新しい友達を作ることもできます。

    透明性とセキュリティ

    ユーザーに好きなゲームをプレイできるように、ベットフォームは最先端技術を駆使して、非常に安全で効率的な環境を提供してます。 操作はスマートコントラクトによって行われます。 スマートコントラクトは、ゲームの各ラウンドが終了した直後に賞金を払い戻します。

    規制

    私たちのプラットフォームの運用は、ライセンス管轄によって規制されています。

    ERC 20トークンを対応するウォレットアプリ

    ITSの後、Betformコインを簡単に入手できるBetformウォレットを開発し、APIを使用して第三者交換と連動させます。

    無制限の賞金と受賞者の方針を歓迎

    常に成功してる賭けは、伝統的なオンラインカジノではしばしば制限されています。 私たちのビジネスモデルはマージンではなく、ボリュームを基盤としていますので、常に勝者を歓迎することです!

    四半期の大当たり

    毎四半期末に、当社のスマートコントラクトは、テキサストーナメントとビッグ2トップリーダーのそれぞれのボーナスとして、月の収益の35%を配分する事なってます。

    トークンバーニング

    毎四半期末に、当社のスマートコントラクトは自動的に請求された手数料の5%をバーンします。 これによりトークン供給が減少し、Betformコインの価値が高まります。

    チーム すべてを見る

    Giovanni Casagrande
    Giovanni Casagrande
    SENIOR ADVISOR
    Graham Doggart
    Graham Doggart
    SENIOR ADVISOR
    Giacomo Arcaro
    Giacomo Arcaro
    SENIOR ADVISOR
    Yeoh Kim Kooi (Edward Yeoh)
    Yeoh Kim Kooi (Edward Yeoh)
    CO-FOUNDER & CEO
    Lai Jun Wah @ Lai Jun Lim (JW Lai)
    Lai Jun Wah @ Lai Jun Lim (JW Lai)
    CO-FOUNDER & COO
    Yuen Wai Leong (Omega Yuen)
    Yuen Wai Leong (Omega Yuen)
    CTO

    人気STO/ICO記事

    • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

      ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ