Betform - スマートコントラクトによる、ソーシャルベッティングプラットフォーム

ベットフォームの使命は、最大の利便性でマルチプレイヤーのブロックチェーンゲームをプレイヤーに提供し、エコシステムの最高レベルのセキュリティ基準を遵守しながら、最高の分散型社会的賭博プラットフォームとしての地位を確立することです。ブロックチェーンを接続し、スマートコントラクトを活用し、完全に安全で瞬間的かつ低コストの方法で動作する決済チャネルによって実現してます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BFC
開始日時
2018-10-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
16,900,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
201,250,000
公式サイトへ Owner of Betform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率83.9%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    公平を証明できるゲーム

    Betformは、ゲームの成果を生み出す透明なアプローチを使用してます。 私たちのPRNGは、評判の良いテストラボによってテストされ、認定されています。 プレーヤーはいつでもアクセスできて、すべてのカードゲームの履歴を確認することができます。

    楽しく社交しよう

    他のオンラインカジノとは違って、私たちのプラットフォームでプレーするときに、友達と一緒に遊べたり、友達を招待できたり、テーブルに参加して新しい友達を作ることもできます。

    透明性とセキュリティ

    ユーザーに好きなゲームをプレイできるように、ベットフォームは最先端技術を駆使して、非常に安全で効率的な環境を提供してます。 操作はスマートコントラクトによって行われます。 スマートコントラクトは、ゲームの各ラウンドが終了した直後に賞金を払い戻します。

    規制

    私たちのプラットフォームの運用は、ライセンス管轄によって規制されています。

    ERC 20トークンを対応するウォレットアプリ

    ITSの後、Betformコインを簡単に入手できるBetformウォレットを開発し、APIを使用して第三者交換と連動させます。

    無制限の賞金と受賞者の方針を歓迎

    常に成功してる賭けは、伝統的なオンラインカジノではしばしば制限されています。 私たちのビジネスモデルはマージンではなく、ボリュームを基盤としていますので、常に勝者を歓迎することです!

    四半期の大当たり

    毎四半期末に、当社のスマートコントラクトは、テキサストーナメントとビッグ2トップリーダーのそれぞれのボーナスとして、月の収益の35%を配分する事なってます。

    トークンバーニング

    毎四半期末に、当社のスマートコントラクトは自動的に請求された手数料の5%をバーンします。 これによりトークン供給が減少し、Betformコインの価値が高まります。

    チーム すべてを見る

    Giovanni Casagrande
    Giovanni Casagrande
    SENIOR ADVISOR
    Graham Doggart
    Graham Doggart
    SENIOR ADVISOR
    Giacomo Arcaro
    Giacomo Arcaro
    SENIOR ADVISOR
    Yeoh Kim Kooi (Edward Yeoh)
    Yeoh Kim Kooi (Edward Yeoh)
    CO-FOUNDER & CEO
    Lai Jun Wah @ Lai Jun Lim (JW Lai)
    Lai Jun Wah @ Lai Jun Lim (JW Lai)
    CO-FOUNDER & COO
    Yuen Wai Leong (Omega Yuen)
    Yuen Wai Leong (Omega Yuen)
    CTO

    人気STO/ICO記事

    • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

      米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
    • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

      9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
    • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

      シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー