BEAM - スケーラブルな秘密暗号通貨

BEAMは、エレガントで革新的なMimblewimbleプロトコルに基づく次世代の秘密暗号通貨です。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
beam
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of BEAM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BEAMを特徴は以下のとおりです。

  • ユーザーはプライバシーを完全に管理しています - ユーザーは自分の意思と適用される法律に従って自分の個人データを完全に管理しながら、どの情報をどのパーティーに公開するかを決定します。
  • ペナルティのない機密性 - BEAMの機密トランザクションはブロックチェーンの肥大化を引き起こさず、トランザクションの価値を完全に隠しながら、過度の計算オーバーヘッドやパフォーマンスやスケーラビリティのペナルティを回避します。
  • 信頼できる設定は必要ありません。
  • ブロックはEquihash Proof-of-Workアルゴリズムを使用してマイニングされます。
  • 総コイン数2億5000万ドルの定期的な半分ずつの使用による限定排出量。
  • ブロックチェーンにはアドレスは格納されません - トランザクションの送信者または受信者に関する情報はブロックチェーンに格納されません。
  • コンパクトなブロックチェーンサイズによる優れたスケーラビリティ - Mimblewimbleの「カットスルー」機能を使用することで、BEAMブロックチェーンは他のどのブロックチェーン実装よりも桁違いに小さくなります。
  • BEAMは、エスクロートランザクション、タイムロックトランザクション、アトミックスワップなどの多くのトランザクションタイプをサポートします。
  • プリマイニングはありません。 ICOはありません。最初の5年間にすべてのブロックから発行されます。
  • プロの開発者のチームによってC ++で最初から実装されています。

チーム

Alexander Zaidelson
Alexander Zaidelson
CEO
Alex Romanov
Alex Romanov
CTO
Amir Aaronson
Amir Aaronson
COO
Beni Issembert
Beni Issembert
CMO

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7