Bankera - ブロックチェーン時代のための銀行

Bankeraは、従来の金融業界とブロックチェーン・テクノロジーの架け橋になる銀行を開発しています。高いスキルを持った専門家のチーム、革新的なソリューション、強固な土台 – 暗号通貨両替とブロックチェーン・ウォレットを兼ね備えたSpectroCoinによって、Bankeraは、ブロックチェーン・ベースの銀行になるという目標に向かって取り組んでいます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNK
開始日時
2017-08-28
終了日時
2018-02-27
調達金額
150,949,194 EUR
初回価格
1BNK = 0.0200 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Bankera?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum & NEM
タイプERC20, NEM
参加可能通貨ETH, XEM
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bankeraは、ブロックチェーン・テクノロジーのスケールを重視したアドバンテージを活かしながら銀行業務に革命を起こすことを目指しています。これは、従来の店舗型の銀行と同じように、すべての金融サービスのワンストップ・ストアになることを目指しており、カウンターパーティーの数を減らす技術を使用しているため、最終消費者の銀行使用料を引き下げています。 ブロックチェーン・テクノロジーの採用により、当社は顧客に新しい他に類を見ないソリューションを提供することも可能になります。

Bankeraのエコシステム

暗号通貨仲買業者

SpectroCoinは、暗号通貨を購入、販売、送金、入金、保管するためのグローバルなブロックチェーン・ウォレットを6年以上にわたって提供しています。現在、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、NEM(XEM)、Dash(DASH)の暗号通貨と20種類以上の異なる法廷通貨をサポートしています。

Bankera取引所プラットフォーム

Bankeraの取引所は、次世代レベルで暗号通貨とトークンの取引ソリューションを提供します。取引所は高い流動性、透明性の高いオーダーブック、低い手数料を提供します。さらに、BNK(Bankeraトークン)のユーティリティを提供するために、BNKペアの取引は全て無料となります。つまり、BTCでETHを直接購入するよりも、BTCでBNKを購入し、BNKでETHを購入するほうがコスト効率がよくなります。

Bankeraのウォレット

Bankeraのウォレットは、シームレスな入金と出金の従来の決済オプションに広範囲でアクセスすることができます。Webとモバイル(iOS、Android、Windows Phone)アプリケーションを使用すると、どこからでも資産にアクセスすることが可能です。

暗号通貨ローン

Bankeraはその技術を活用して、暗号通貨を売ることなく資産を得ようとする暗号通貨マーケット参加者のために暗号通貨を担保とするローンを提供します。プラットフォームは複数の管轄区域に迅速な融資を提供し、安全に保管され、競争率の高いローン金利を提供します。

投資ツール

Bankeraは、低コストの上場投資信託、トレーディング、アドバイザリー、ブローカレッジ、カストディ、ウェルス・マネジメントといった、個人および企業向けのさまざまな投資ソリューションを提供します。このサービスのほとんどは、最先端の人工知能(AI)テクノロジーを使用して社内で開発されます。

Bankeraは2017年11月のICO前に公開したホワイトペーパーによると:

リテール業務手数料:0.01ユーロ(約1.43円) 法人顧客向け手数料:0.25%(5年後に0.1%まで引き下げる予定) カード1枚あたりの月平均売上交換手数料:0.5ユーロ(約72円) ローン事業の平均利幅:0.5%(5年以内に0.1%まで引き下げる予定) 投資商品の平均手数料:0.25%(8年以内に0.1%まで引き下げる予定) 初年度の収益見込み:1,100万ユーロ(約15億7,426万円) *為替レートは2019/5/10のもの

マイルストーン

2013年2月、創立やが仮想通貨取引所SpectroCoinを立ち上げ。

2017年6月、プロジェクト始動。

2018年1月、バヌアツ共和国のプライベートバンクPacific Private Bankを買収し、史上初の「銀行ライセンスを取得済みのICOプロジェクト」となった。

2018年2月末、ICOで約163億円を調達。

2018年6月、電子マネーライセンスを持っているPervesk社とのパートナーシップ締結

2018年6月、仮想通貨取引所のHitBTCにBNKを上場

2018年10月、H2 Venturesと大手会計監査組織のKPMGが公開した「FINTECH 100」の新興勢力50社の中で4位に選ばれた。

2018年末、チームメンバーの人数が100を超え。

2019年1月7日、Bankeraが運営する仮想通貨取引所が公開したが、日本向けサービス提供を面見合わせることになった。

2019年2月20日、Tether(USDT)がBankera仮想通貨取引所に上場した。

2019年3月20日、BNKトークンが 韓国のHanbitco仮想通貨取引所に上場された。

チーム すべてを見る

Vytautas Karalevičius
Vytautas Karalevičius
CEO
Mantas Mockevičius
Mantas Mockevičius
CCO
Justas Dobiliauskas
Justas Dobiliauskas
CTO
Craig Grant
Craig Grant
VP for Business Development
Egle Eidimtaite
Egle Eidimtaite
VP for Business Development
Rūta Čižinauskaitė
Rūta Čižinauskaitė
VP for Marketing

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗