Band Protocol - Web 3.0アプリケーションのデータガバナンスフレームワーク

Band Protocolの主な機能は、分散アプリケーションと実世界のデータ間のギャップを埋めると同時に、経済的インセンティブを通じてデータが正確で信頼できることを保証することです。 帯域プロトコルは、最初はイーサリアムネットワーク上に構築されますが、プロトコル自体はイーサリアムインフラストラクチャに限定されません。 プロトコルがより広く採用されるようになると、すべての主要なスマートコントラクトプラットフォームをサポートし、新世代の分散アプリケーションを強化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BAND
開始日時
2019-08-17
終了日時
2019-09-16
最高目標
5,850,000 USD
初回価格
1 BAND = 0.473 USD
トークン供給数
12,368,200
公式サイトへ Owner of Band Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率12.37%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンをより大規模に採用する

スマートコントラクトの開始以来、分散プラットフォームでのデータの可用性と信頼性の問題のため、採用が制限されています。Bandプロトコルは、データの分散管理のための標準フレームワークを提供し、オフチェーン情報へのアクセスを必要とするアプリケーションの基本的なクエリレイヤーとして機能します。これにより、オラクルの問題が他の設計の分散アプリケーションに通常もたらす重要な集中化の信頼と障害点がなくなります。

データの可用性

  • 必要なときにBandがデータをオンチェーンでフィード

ETH / USD価格などの高需要データの場合、データは定期的に更新され、チェーン上に保持されます。 DAppは、1回の単純な関数呼び出しでデータを要求して使用できます。

データの信頼性

  • Bandは複数のプロバイダーからのデータを集約します

Bandは、各クエリを処理する前に厳しい要件を実施します。各データポイントには、データを提供するために3倍以上の資格のあるプロバイダーが必要です。

整合した経済的インセンティブ

  • 結合曲線上のデータセットトークン

各データセットには、データセットの機能を管理するための独自のトークンがあります。トークンホルダーとデータプロバイダーにインセンティブを与えて高品質のデータを管理し、dAppのセキュリティを強化します。

トラストポイントの分散化

  • コミュニティはデータセットを実行し、一緒に成長します

Bandは、信頼性の高いデータを管理するためのコミュニティ向けの分散型で止められないプラットフォームを提供します。ガバナンスをバイパスしてデータを制御する権限を持つ単一のIDはありません。

チーム

Soravis Srinawakoon
Soravis Srinawakoon
CEO and Co-Founder
Sorawit Suriyakarn
Sorawit Suriyakarn
CTO and Co-Founder
Paul Nattapatsiri
Paul Nattapatsiri
CPO and Co-Founder
Bun Uthaitirat
Bun Uthaitirat
Chief Fun Officer and Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本