Band Protocol - Web 3.0アプリケーションのデータガバナンスフレームワーク

Band Protocolの主な機能は、分散アプリケーションと実世界のデータ間のギャップを埋めると同時に、経済的インセンティブを通じてデータが正確で信頼できることを保証することです。 帯域プロトコルは、最初はイーサリアムネットワーク上に構築されますが、プロトコル自体はイーサリアムインフラストラクチャに限定されません。 プロトコルがより広く採用されるようになると、すべての主要なスマートコントラクトプラットフォームをサポートし、新世代の分散アプリケーションを強化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
BAND
開始日時
2019-08-17
終了日時
2019-09-16
最高目標
5,850,000 USD
初回価格
1 BAND = 0.473 USD
トークン供給数
12,368,200
公式サイトへ Owner of Band Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率12.37%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンをより大規模に採用する

スマートコントラクトの開始以来、分散プラットフォームでのデータの可用性と信頼性の問題のため、採用が制限されています。Bandプロトコルは、データの分散管理のための標準フレームワークを提供し、オフチェーン情報へのアクセスを必要とするアプリケーションの基本的なクエリレイヤーとして機能します。これにより、オラクルの問題が他の設計の分散アプリケーションに通常もたらす重要な集中化の信頼と障害点がなくなります。

データの可用性

  • 必要なときにBandがデータをオンチェーンでフィード

ETH / USD価格などの高需要データの場合、データは定期的に更新され、チェーン上に保持されます。 DAppは、1回の単純な関数呼び出しでデータを要求して使用できます。

データの信頼性

  • Bandは複数のプロバイダーからのデータを集約します

Bandは、各クエリを処理する前に厳しい要件を実施します。各データポイントには、データを提供するために3倍以上の資格のあるプロバイダーが必要です。

整合した経済的インセンティブ

  • 結合曲線上のデータセットトークン

各データセットには、データセットの機能を管理するための独自のトークンがあります。トークンホルダーとデータプロバイダーにインセンティブを与えて高品質のデータを管理し、dAppのセキュリティを強化します。

トラストポイントの分散化

  • コミュニティはデータセットを実行し、一緒に成長します

Bandは、信頼性の高いデータを管理するためのコミュニティ向けの分散型で止められないプラットフォームを提供します。ガバナンスをバイパスしてデータを制御する権限を持つ単一のIDはありません。

チーム

Soravis Srinawakoon
Soravis Srinawakoon
CEO and Co-Founder
Sorawit Suriyakarn
Sorawit Suriyakarn
CTO and Co-Founder
Paul Nattapatsiri
Paul Nattapatsiri
CPO and Co-Founder
Bun Uthaitirat
Bun Uthaitirat
Chief Fun Officer and Developer

人気STO/ICO記事

  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており