Band Protocol - Web 3.0アプリケーションのデータガバナンスフレームワーク

Band Protocolの主な機能は、分散アプリケーションと実世界のデータ間のギャップを埋めると同時に、経済的インセンティブを通じてデータが正確で信頼できることを保証することです。 帯域プロトコルは、最初はイーサリアムネットワーク上に構築されますが、プロトコル自体はイーサリアムインフラストラクチャに限定されません。 プロトコルがより広く採用されるようになると、すべての主要なスマートコントラクトプラットフォームをサポートし、新世代の分散アプリケーションを強化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BAND
開始日時
2019-08-17
終了日時
2019-09-16
最高目標
5,850,000 USD
初回価格
1 BAND = 0.473 USD
トークン供給数
12,368,200
公式サイトへ Owner of Band Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率12.37%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーンをより大規模に採用する

スマートコントラクトの開始以来、分散プラットフォームでのデータの可用性と信頼性の問題のため、採用が制限されています。Bandプロトコルは、データの分散管理のための標準フレームワークを提供し、オフチェーン情報へのアクセスを必要とするアプリケーションの基本的なクエリレイヤーとして機能します。これにより、オラクルの問題が他の設計の分散アプリケーションに通常もたらす重要な集中化の信頼と障害点がなくなります。

データの可用性

  • 必要なときにBandがデータをオンチェーンでフィード

ETH / USD価格などの高需要データの場合、データは定期的に更新され、チェーン上に保持されます。 DAppは、1回の単純な関数呼び出しでデータを要求して使用できます。

データの信頼性

  • Bandは複数のプロバイダーからのデータを集約します

Bandは、各クエリを処理する前に厳しい要件を実施します。各データポイントには、データを提供するために3倍以上の資格のあるプロバイダーが必要です。

整合した経済的インセンティブ

  • 結合曲線上のデータセットトークン

各データセットには、データセットの機能を管理するための独自のトークンがあります。トークンホルダーとデータプロバイダーにインセンティブを与えて高品質のデータを管理し、dAppのセキュリティを強化します。

トラストポイントの分散化

  • コミュニティはデータセットを実行し、一緒に成長します

Bandは、信頼性の高いデータを管理するためのコミュニティ向けの分散型で止められないプラットフォームを提供します。ガバナンスをバイパスしてデータを制御する権限を持つ単一のIDはありません。

チーム

Soravis Srinawakoon
Soravis Srinawakoon
CEO and Co-Founder
Sorawit Suriyakarn
Sorawit Suriyakarn
CTO and Co-Founder
Paul Nattapatsiri
Paul Nattapatsiri
CPO and Co-Founder
Bun Uthaitirat
Bun Uthaitirat
Chief Fun Officer and Developer

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価